食欲の秋・突入!

e0103740_9381575.jpg


昨日の日中は、お陽さま元気でしたね〜!
娘と2年生のお友達を連れて
笠間の図書館に行ったあと、笠間芸術の森公園に行ったのですが、
暑くったって、公園となるとむきになって遊ぶ子供たちは、
あいまあいまに、のみものをひんぱんにほしがり、
私のミネラルウォーターまでも横取り。
それが無くなってしまったら、危機感を感じたのか、
その、山のてっぺんみたいな公園からすぐさま下山、となりました。

それでも、やはり夕方にはヒヤッとした秋風が
北側の網戸から流れてきて、
夕飯のメニュウも自然と秋の味覚が欲しくなります。
直売所では、サツマイモがいかにも「食べごろですよ〜!」
といった姿で、買わずにはいられなかったのです。

立派な枝ぶりのローズマリーを持つ友人から
ひと枝わけてもらって、
”サツマイモのローズマリーグリル”を。

フライパンにオリーブオイルをたっぷりめにしき、
輪切りにしたサツマイモの裏表を1・2分づつソテーしたら、
ローズマリーをのせて、200度のオーブンで10〜15分焼くだけ。
仕上げに塩をパラリと。。。

ハーブが苦手かな?と思いながら娘の前に
おいてみましたら・・・
「おいしい!」と歓声を上げておりました。(意外!)

カリッとして、ホクッとして、ワインにも合っておりました☆
e0103740_100827.jpg
[PR]
by masiko-hashicco | 2009-09-14 09:40 | ・ 飴釉 | Comments(0)

ゆるやかなたわみ

e0103740_11123246.jpg






飴釉沓形片口鉢
片口先からお尻まで約28cm×約20cm
高さ10cm



ろくろ成形時の、土の柔らかさがよく感じられる鉢。

流れるようなタワミが、心もやわらくさせてくれるような。

いわゆる浜田庄司的『民芸』の、
釉薬の中でも代表的な ”飴釉” 。
この沓形の鉢には、ろくろ成形後、
化粧土を施して、より複雑な陰影が出ています。

こんもり、かっこよく盛りたくなる。

e0103740_11251459.jpg

[PR]
by masiko-hashicco | 2009-06-08 11:26 | ・ 飴釉 | Comments(0)

作陶家・岡本芳久の妻のひとりごと 益子のはしっこの山の中から岡本家の日常をつづります。


by masiko-hashicco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31