人気ブログランキング |

タグ:うつわ茜 ( 10 ) タグの人気記事

最終日、益子も雪。。

e0103740_9103475.jpg


日曜日の雪は、肩すかし。

今朝の雪は、益子を白く染めて、
美しい朝となりました。

益子では、たまの雪なので、
雪かきするのか??と
朝、そわそわして早く目が覚めます。
でも、雪かきするほどではなかったですね、、
そのかわり、濡れた道が凍ってて、
スクールバスのタイヤが、発進のときスベッってました。
雪かきスコップでは歯が立たなかった氷も
バスの重みでガリガリ割れてましたけど。

こんなうっすら雪でも、朝から大騒ぎのTV。。

秋田市内の大雪にうんざりしながら
週末 横手の展示会場に訪ねてくれた両親・弟は、
「横手の雪は、秋田の比じゃなかった。」と。
「雪の壁。」と。

でも、除雪車のスケールが大きくて、
車の運転に心配はなかったそうであります!

本日、最終日。
横手の方々は、雪の生活あたりまえ?!
お客様の出足もよいらしい。
ありがとうございます!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0103740_1091531.jpg



 Okamoto Yoshihisa Exhibition
  2012年1月14日(土)〜1月24日(火)
  @ うつわ茜   秋田県横手市平城町6-13
          tel&fax 0182-23-9106

by masiko-hashicco | 2012-01-24 09:26 | ましこたより

土鍋、秋田へ!

震災後のバタバタを、
まだまだ引きずりながら年が明け、
ようやく、2012年初の展示会へと
こぎつけました。

我が家の窯から出たモノたち、
明日の会場に向けて、秋田で並んでいることでしょう。

旅立ち前に、撮った土鍋たちの一部を
ご紹介。

e0103740_10204935.jpg



直径(取手を含む)約30cm
  内径 約20cm
  高さ 約16cm


e0103740_10224763.jpg
    
            胴:白釉 蓋:緑釉
            直径 約32.5cm
               内径 約26cm
               高さ 約20cm 


e0103740_1024182.jpg

            胴:黄伊羅保 蓋:緑釉
            直径 約30cm
               内径 約24.5cm
               高さ 薬20cm


e0103740_10252374.jpg

            胴:黄伊羅保 蓋:飴釉
            直径 約29cm
               内径 約24cm
               高さ 約19cm


e0103740_10275929.jpg

e0103740_10294768.jpg


            白釉深鍋
            小 直径 約19cm
                内径 約14.5cm
                高さ 約16.5cm

            大 直径 約20cm
                内径 約15cm
                高さ 約18cm


            * フタには、私=AgoPaixLabo(アゴペラボ)コラボも。


土鍋の蓋を外したときに置き場に困らないよう、
"ふた置き"も作りました。

もちろん、今回土鍋だけではありませんよ!
とり鉢、野菜などを乗せるお皿、
鍋関連でない器も取り混ぜての展示です。

この季節、豪雪の横手。
足下にはくれぐれもご注意なさって
ご高覧いただきますよう。。

e0103740_10343036.jpg

by masiko-hashicco | 2012-01-13 10:43 | お知らせ

今年も残りわずかですね

e0103740_10184576.jpg


秋田、横手の " うつわ茜 " さんでの
展示会、終了しました。
お越しいただいた皆さま、
ありがとうございました☆

" うつわ茜 " さんのご好意で、
悪天候で来場できなかったお客様のために
25日まで、作品たちを展示したいと
言っていただきましたので、
年末年始の器をお探しの方は、
まだ見ていただけますので、
どうぞお立ち寄りくださいませ!



12月は、1日に娘の誕生日があり、
クリスマスもある上に、
夫の誕生日も先週末でした。
年が明けると、七草を待たずに
私の誕生日などもありまして・・・
12月、1月は岡本家、イベント続きの
うれしい悲鳴です♪

夫は、自分の誕生日は特に何もしなくていいよ、
といつも言うのですが、
今年は、娘が「ケーキつくってあげる!!」
と強く宣言したので・・・

結局、細かいところと力仕事は
私担当で。。。。(ほとんどわたしじゃないかッ!!)

簡単なわりに、見た目も味も楽しめた
サバランのようなオレンジケーキ。
これはまた、柚子でもつくってみたいね、
なんて、話題も盛り上がりました。

1日も、美味しいケーキたべたしー、
クリスマスは、もうケーキいらないんじゃないのぉ・・・??
by masiko-hashicco | 2010-12-20 10:35 | 家族

秋田も最終日

e0103740_22121015.jpg

とうとう本日で最終日になりました。

横手(秋田)の " うつわ茜 " さんでの
展示会は本日までです。

ひとつ前のブログで、
お風呂に浸かっていた作品たちも
すっかりあか抜けて
並んでいる事でしょう。

是非、お立ち寄りください。


e0103740_9555211.jpg




Okamoto Yoshihisa Exhibition
  岡本芳久 作陶展
  2010.12.2.thu - 12sun



 うつわ茜 
  〒013-0027
  秋田県横手市平城町6-13
  tel & fax 0182-23-9106


by masiko-hashicco | 2010-12-12 05:11 | お知らせ

ひとっぷろ

e0103740_14255486.jpg


秋田の展示会も、後半になりました。

早々と気に入っていただけて
お店からなくなったもの。
また送っていただけたら・・・
と、うれしいお電話いただきましたので、
素焼きまでで前回の本焼きの窯に入りきらなかった
子たちを焼きました。

緑釉を使ってある作品は、
お風呂に入れてあげないといけないので、
旅立つ前に、現在、入浴中です。
by masiko-hashicco | 2010-12-08 14:31 | お知らせ

雨ですね。

e0103740_10211628.jpg


今朝は大きな雨音で
起こされたほど、でした。
先程まで雷も鳴ったりしてましたが。。。
雨もおさまりました。

秋田はこれからなんでしょうか。

今朝は、秋田の地元紙に
今回の " うつわ茜 " さんでの展示会の様子を
取り上げていただいたようで、
早朝、実家からFAXが届きました♪

今日トップに載せた六角鉢の
写真は、秋田へ行けなかった子の
写真なのですが、
今回DMやポスターに使っていただいた
作品の兄弟です。
見込み(器の内側)は複雑な流れに
”動”を感じますが、
外側はまた違ったイメージです。
線刻が入ったり、入らなかったり、
1点1点釉の色使いも違うので、
それを見比べるのも面白いです。
by masiko-hashicco | 2010-12-03 10:35 | ・ 緑釉

今日から秋田で展示会☆

e0103740_14132973.jpg


今日から、秋田・横手市の
" うつわ茜 " さんでの展示会が始まりました!

幸先のよい報告があり、
喜んでいます☆

今回は、赤バックのポスターも
作っていただきました。

雅な色合いで、12月や1月のイメージに
合っていますね。




昨日は、実は、娘の8歳の誕生日でした。

展示会の前祝いのような
家族の宴会になりました。

今年は、いつもお世話になっている近所のパン屋さん
”Boulange770”の大作さんに
バースデーケーキをお願いしました。

できあがってきたのは・・・
サントノーレ♪

かわいく縁取られたプチシューの中にも
たっぷりカスタードクリームが入っていて、
上にかかったアメのカリカリも
相まって、とってもたのしい食感で
美味しくいただきました!!

娘はご希望のプレゼントに囲まれて、
「きもちがすーっとする〜」
なんて言ってました(笑)

e0103740_14341416.jpg




今日は益子も暖かく、過ごしやすいですが、
秋田もお天気に恵まれて、
いい初日になりそうです。
by masiko-hashicco | 2010-12-02 14:20 | お知らせ

明日から

e0103740_9351480.jpg






粉引飯碗

昨日アップした水色釉の花入れ。

独白の、「雪の上に置いてみてみたい」
という希望を、うつわ茜さんが早速
実現させてくださいました☆

輝く新雪の上!
キレイです♪


最後の窯出しのあと、
大急ぎで粉引の作品の
写真を撮ったおととい。

とてもイイカンジのマットに仕上がった
粉引きの作品たち。
ちょうど、秋田行きの段ボール箱の
ストックのところがいい光線加減でした。
e0103740_9405383.jpg


包む寸前、
片口とぐい呑み。。。

秋田ではこれから
きりたんぽ、しょっつるなどの
貝焼き(かやき=鍋のこと) を
囲みながら、
こんな酒器でグビグビ・・・

のどがなりそうです(笑)



マグカップや鉢なども
窯変が面白いところもありまして、
よおく見てもらいたいですね。

秋田へは、大事に包んで、
第1陣と2陣で、計11箱
到着しました!

秋田の皆さんに
楽しんでいただければ、
と思います。
e0103740_9444287.jpg

by masiko-hashicco | 2010-12-01 09:49 | ・ 粉引

やんわり

e0103740_1161514.jpg







ろくろ成形の段階から、
気になっていました。

柔らかい土が、
やんわりと伸ばされていって
ゆるやかなたわみをもった
口が出来、
そこにまたなめらかな流れるような
手がつきました。

本焼きの窯から出るまで
何色か知らなかったけれど、
とろけるようなやさしい水色釉が
かかって出てきました。

ろくろで作りたてのように
さわると柔らかいかのよう。。。

水色釉が好きな私は、
よけいにひいき目に見てしまいますが、
不思議な緋色が出たり、
氷砂糖のようなマットだったり、
いろんな風に焼き上がって
安定しない水色釉の
この花入れは、よく解けて
銀河のような結晶が出ているカンジが
このカタチによく合っていて
魅力的になりました☆

秋田は昨日、雪模様だったそう。
白い雪の上に
この子を置いたら、また違った
水色に見えそうで、見てみたい気がします。
by masiko-hashicco | 2010-11-30 11:29 | ・ 水色釉

秋田へ

e0103740_10193792.jpg

間もなく、12月2日より
秋田での展示会が始まります!

昨日、第1陣、
緑釉・灰釉・飴釉・柿釉・水色釉など
イロモノ系さんたちが、旅立って行きました。

今回は、透明感のある流れが美しい3種の釉
(緑釉・飴釉・灰釉)を
使って、様々な文様を土の上に描き出しました。

小紋柄のようであったり、更紗のようだったり・・・

お正月に向けて、
ちょっと賑やかな、
たのしい文様の器があっても
いいですね。


夫は、今朝も窯出しをして
焼き上がった粉引の作品の中から
秋田へ旅立つ子を選んでおります。
by masiko-hashicco | 2010-11-29 09:56 | お知らせ

作陶家・岡本芳久の妻のひとりごと 益子のはしっこの山の中から岡本家の日常をつづります。


by masiko-hashicco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31