みどりまぶしい

e0103740_12482975.jpg








粉引くみだし


今年は何事も少し遅め。
今、新緑を楽しむ雰囲気。
気持ちのいいさわやかさ。
この時期がはかない短さなんですよね・・・

土日もお出かけ日和でした。
さらりとした風を肌に感じたくて、出かけたくなります。
土曜日は、鈴木稔さんのオープンアトリエも終了した
「ヒジノワスペース」に、”ヒジノワのみの市”をたずね、
日曜日は、かすみがうらまで出かけて来ました。
(そのお話はまたの機会にでも。)

先週、これもいつものシーズンから半月ほど遅れて
新茶がやってきました。
鈴木さんのお宅で頂くお茶が美味しいので、
何年か前から一緒に注文させて頂いている静岡のお茶なのですが、
今年の春の悪天候は、ご多聞にもれず、
お茶の成育にも影響していたようです。
過去経験したことのないぐらいの遅霜があったとのこと。
やっとのことで、例年の3割減の収穫に抑えられたそう。

新茶が届くと、
その香りと美しい色をよくよく味わいたいと思うのですが、
今年はますます感謝して頂きました。
心地よい後味の甘さに、二煎、三煎と飲んでしまいます。




e0103740_12234381.jpg

[PR]
by masiko-hashicco | 2010-06-07 12:28 | ・ 粉引 | Comments(2)
e0103740_1525582.jpg













粉引沓形片口鉢
約26cm×20cm、高さ約9cm

窯出しをして・・・

いいのが焼けてました!!

今日はパンじゃなくて、"焼きもの" の話。

e0103740_1531399.jpg








         碗や、ぐい呑みも様々な表情で→


      花入れたちも様々↓
e0103740_15331490.jpg
e0103740_15545445.jpg


今日は、柿釉 焼いてます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 e0103740_15444143.jpg   

         岡 本 芳 久 作 陶 展
          
           2010年3月25日(木) 〜 3月30日(火)

            10:00 〜 18:00

           ギャラリー芙蓉
           栃木県宇都宮市大曽1-8-10 
           tel : 028-627-3939

[PR]
by masiko-hashicco | 2010-03-17 15:28 | ・ 粉引 | Comments(0)

今朝は珈琲。

e0103740_9411596.jpg











粉引黒斑マグカップ
見込み直径(取っ手含まず)約7〜8cm、
高さ約8〜9cm



我が家の朝ご飯メニュウは、
ご飯の日とパンの日を交互にしています。

私が小学生ぐらいの頃だったかと思いますが,
NHKの番組の中で、ナビゲーターの方が、
朝ご飯を、ご飯食とパン食かわりばんこにすると、
"頭が良くなる" と言っていたのです。
どこに根拠があるのかわかりませんが,
それを鵜呑みにして、ずっと実行してきた
母親のおかげで、私にも完全に刷り込まれてしまいました、、

で、昨日がご飯の日だったので,
今日はパン。

今朝の珈琲は、このカップで♪
[PR]
by masiko-hashicco | 2010-03-04 09:46 | ・ 粉引 | Comments(2)

10時にひといき、、

e0103740_22231430.jpg

毎日、朝のひと仕事の合間、
一服いたします。

夫は、珈琲派。
私は、紅茶派。

なので、夫にとってティーカップというものは
ピンとこなかったみたいですが、
長いこと、懇願した甲斐あって、作ってくれました。

やっぱり紅茶は、明るい琥珀色がよく見えなくちゃね☆
[PR]
by masiko-hashicco | 2010-02-09 22:36 | ・ 粉引 | Comments(0)
e0103740_005351.jpg






お菓子 : 栗子みち(たねや)
お皿 : 粉引小皿 (直径約15cm)




粉引の小皿が、おもしろい表情に焼けました。
土から何か声がするような・・・?

旅立っていってしまった、
大好きだったあの人が
教えてくれた秋のお菓子をのせて。。。。


31日からの陶器市テントでもご覧いただけると思います。

秋の益子大陶器市
10月31日(土)〜11月4日(水)
岡本芳久(& Ago Paix Labo) のテントは、
益子・陶芸メッセ・遺跡広場にて出店いたしております。

[PR]
by masiko-hashicco | 2009-10-28 00:20 | ・ 粉引 | Comments(2)

今年の新米は?

e0103740_22542960.jpg

今年の夏は、冷夏でしたが、
皆さんのところの新米はいかがですか?

新米の季節になると、
新しい茶碗が欲しくなりますね。
瑞々しい新米は、どうしても食が進むので、
大きめの碗が。

秋の陶器市(10/31-11/4)でも、
また新米のうつわ、探してみて下さい。




e0103740_2315866.jpge0103740_2321661.jpg
e0103740_2324291.jpg

[PR]
by masiko-hashicco | 2009-10-19 23:03 | ・ 粉引 | Comments(0)

花を

e0103740_11283659.jpg




   粉引花入れ
   (撮影 : Yoshihisa Okamoto)


 同じカメラを使っても、
 撮る人が違うと、空気感が違うんですよね。

 私とは違う切り取り方。


 あさってから、岡本芳久作品、
 見ていだだけるロングラン、始まります!

       4月8日(水) ~ 4月14日(火)
       松屋銀座 (東京・銀座)

       4月14日(火) ~ 4月26日(日)            詳しくはコチラ→
       うつわ&カフェ かくしち (東京・東久留米)

       4月29日(水) ~ 5月6日(水)
       益子・春の大陶器市 (栃木・益子)
    * テント出店場所が変わりました 
                                    後日、お知らせいたします!
                             
 
 春ですね。東京は桜満開?!
 この辺も、3~5分咲きです。
 庭にも、道端にも彩りが増してきました。

 春の花を、家の中にも連れてきたいですね。
 私の娘も、お友達とあれもこれもと、花摘みが楽しそうです♪

   
 益子の陶器市の、今年のテーマは
 「花瓶」とか。
 いろんな花入れが並びそうですね。

e0103740_11443463.jpg 






        緑釉花入
        (撮影 : Yoshihisa Okamoto)
     




* コメント欄、新しい機能になったので、復活しました。
お気軽にコメントどうぞ!

[PR]
by masiko-hashicco | 2009-04-06 11:37 | お知らせ | Comments(0)

ほっこりおおぶり

e0103740_910460.jpg

 佳乃や での展示会もあと少しとなりました。

一方、益子・もえぎ城内坂店でも、
「大ぶり」の企画展に参加しています!
”最近、益子でも小ぶりな器ばかりで大ぶりなものが見つかりませんね?!”
との要望が、もえぎさんに寄せられたそうで、
この企画が持ち上がりました。

お茶もたっぷり注いで飲みたい方、
ご飯も、丼も、ガッツリよそって食べたい方、
やっぱりいますものね。

この粉引と刷毛目の汲出は、
女性のご飯茶碗としても大丈夫そうなたっぷりした大きさです。
花茶をコロン、と汲出に入れたら、たっぷりとお湯を注いで・・・
茶葉とお花がゆったりと開いていく様子を楽しみながら
お茶の時間もゆったり過ごせそうですね。


 大ぶり
  ~2008年10月2日まで
  会場 : もえぎ・城内坂店 1F フォーシーズンズギャラリー
      
   栃木県芳賀郡益子町城内坂150
    tel 0285-72-6003
    営業時間:9:30~18:00
    
  

  粉引 & 刷毛目汲出
   ¥1,600
   
  いつもは小ぶりに作っている柿釉赤絵の
  飯碗や湯呑も大ぶりにして出しております。
  お寿司屋さんみたいなデカ湯呑も。

[PR]
by masiko-hashicco | 2008-09-28 09:47 | ・ 粉引 | Comments(0)

e0103740_13374729.jpg

我が家の庭、といってもほとんど手入れもしない庭ですが・・・

暑さの中では、緑ばかりだったところに

秋の彩りがちらほらと増えてきました。

萩の花が見頃です。

週末は台風の影響で雨模様のようですね。

のんびりお家にこもる時も、

秋の花が部屋にいてくれると気持ちが和みます。


   右・粉引櫛目花入
   左・柿釉黒斑花入
     (高さ 18cmぐらい)

[PR]
by masiko-hashicco | 2008-09-18 13:46 | ・ 粉引 | Comments(0)

りんご

e0103740_1001510.jpg


夫の片口は上から見ると・・・りんごの形。

りんごを意識して作っているのではないのですが・・・

大きさもこのふたつは、大きなふじぐらいで

男性の手のひらにすっぽり。

右のワラ灰釉、左の粉引の他にも

ワラ灰と黒釉を掛け分けたモノや柿釉のモノもあり、

どのりんごがお好みか?も楽しみです。

[PR]
by masiko-hashicco | 2008-09-17 10:14 | ・ 藁灰釉 | Comments(2)

作陶家・岡本芳久の妻のひとりごと 益子のはしっこの山の中から岡本家の日常をつづります。


by masiko-hashicco
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30