タグ:淡路島 ( 15 ) タグの人気記事

e0103740_10522199.jpg

娘に作ってもらったフライヤーです。

益子で約30年にもわたって、安心な食を提供しようと
毎月第2土曜日に開かれている「青空市」

10月は、実りの秋ということもあり、
「青空市まつり」と銘打ち
規模を拡大して、にぎやかに開催されます。

小さなお子さんを持つママたちに、
ちょっとでもホッとした気持ちでお買い物をしていただきたい!
という思いで、私も『淡路島のみせ』を開かせていただくことになりました!

淡路島レモン (アンユーレカ、マイヤーレモン)
淡路島ライム
塩蔵ワカメ
淡路島牛乳(200ml)
魚伊の天ぷら(さつま揚げ)
淡路島ヌードル(淡路島特産のそうめんを長く太くした麺)
ちりめんじゃこ
バジルバーニャカウダ
玉ねぎ
サツマイモ(鳴門金時、紅はるか)
西洋野菜農園さんのお野菜

少量ずつとなりますが、
いろいろ取り揃えて、販売いたしますので、
お誘い合わせの上、この機会に淡路島の豊かな食を
のぞいてみて下さいませ☆★☆
 
 10月13日(土)PM1:00〜3:30頃
「青空市まつり」
 場所:益子町 道祖土 つかもと広場

 
[PR]
by masiko-hashicco | 2012-10-09 11:11 | ましこたより | Comments(0)

淡路の夏休み-3

e0103740_17112314.jpg

淡路島での夏休みの余韻も
だんだん薄くなってきましたが、
まだお土産を渡せてない友人が数人いるので、
まだもうちょっと引きずれそうです(笑)


淡路島南西の慶野の松原の海水浴場。
駐車場から松林をずーっと抜けたら海が開ける。
お昼を食べた海の家のメニューに
"ずりの唐揚げ" というものが・・・???
淡路では砂肝のことを砂ずりというらしい。
あげたての砂肝の唐揚げ、気に入って、
おかわりしちゃいました!
この日は、準備よくノンアルコールビールも持参、
いいおつまみ〜☆

e0103740_17133140.jpg




淡路島の南端よりちょっと西側の阿那賀。
ホントは、ここにある民宿「南海荘」さんに
行って、温泉につかりつつ、美味しい海の幸や淡路牛を、
というのが夢でしたが・・・叶わず、、
でも、「南海荘」さんがブログでいつも見せて下さっている
美しい写真の本物の風景と出会ってきました!
もう少し涼しい季節なら、海を眺めながらお弁当を広げて
ゆっくりしたい「海の展望広場」
ここから高台の方を見やると、風力発電の風車が力強く回っています。
1其で約750軒分の電気をまかなえるそうです。感慨深い。。。
そこから太鼓橋を渡って小さな無人島「弁天島」へ探検気分で。
釣りデッキには海釣りをしている家族連れがちらほら。
初心者でも気軽に釣りが出来そうです。
e0103740_17191735.jpg




最後の海水浴場は、多賀海水浴場。
ここはキレイに整備されていて、小さな子供用に
ごく浅いビーチも作ってあり、
大阪とか香川とか遠くからの家族連れもいて
スゴく賑わっていました。
ここのかき氷は昨年同様、BIGで満足☆
娘もパパのいとこの子供たちと遊べて
嬉しい思い出になりました。
e0103740_17331914.jpg




そして、淡路の夏休み最後のコースは、
昨年CLOSEの日に行って、涙をのんだ
「ノマド村」へリベンジ。
海で少し冷えた体をハーブティーで暖めました。
ちょうど有志の方々で、竹でテラスを施工中。
益子でも、" 土祭 (ひじさい)" の時には竹でベンチなど作ったし、
今回は、淡路の土の仕事にもグッと近寄れて、
ますます親近感がわいた、淡路帰省となりました。
e0103740_17383840.jpg




淡路の美味しいものもたくさん頂かせていただきましたが、
淡路のグルメ情報は、目に毒なので、
今回は省略させていただきます。あしからず・・・
(目に毒 覚悟なら →「南海荘」さんのブログへgo!)

今回のお土産のヒットは、
" ギャラリー土坐 " の、淡路島特産の
瓦用の土で作ったコースターです。
使ってみたら・・・全然グラスの結露が
コースターに付かないんです。。不思議★
この時期とっても重宝じゃないですかッ!!
e0103740_1881857.jpg



娘にとっては、展示会もあって
退屈な夏休みの始まりでしたが、
淡路帰省後半は、大満喫。
神戸空港のご機嫌ショットとなりました♪

冬休みにも帰れるといいな〜〜。。。
[PR]
by masiko-hashicco | 2011-08-13 17:14 | 家族 | Comments(0)

淡路の夏休み-2

e0103740_1112727.jpg


何度も書きますが、
淡路から帰って、しばらく疲れて動けませんでした(笑)
盛りだくさんに島をまわっていたので。。。
台風で一日出発が遅れたのもありよけいキツキツの
スケジュールになってしまいました。

今回、是非行ってみたかったのは、
「楽久登窯」さんと料理民宿「南海荘」さん。
「南海荘」さんの方は、先日BS日テレで
活躍の様子が放送されたので、予約が取れず
泣く泣く断念、、
(展示会には来ていただきました。ありがとうございました。)

「楽久登窯」の西村さんも、展示会に来ていただきました。
雑誌や淡路のいろんな方のブログで知って
一度行ってみたかった工房&カフェギャラリー。
西村さんのおばあさんが住んでいた古民家と農機具小屋を
素敵にリノベーションした建物や庭は、
ため息もの。。。
春にここで行われた" 美・観・美(さんみ)"の
食のイベント「炎と戯る」の野外厨房も
素晴らしく、ますます来たかったな〜
思ってしまいました。

残念ながら、西村さんとはすれ違いになってしまいましたが、
手作りスイーツやランチでおもてなししている
カフェ担当のお姉さまと楽しくお話できてゆるりとしてきました。

淡路の特産の瓦やさんが営んでいる「ギャラリー土坐」
建築家のお姉さんの事務所と
織物作家の妹さんの工房とギャラリーがいっしょになった
「いついろ」さん。
(この2件はお話に夢中で写真撮りそびれ、、)
みんなとても素敵な建物と内装で、
すごく目の保養させていただきました。

なんといっても、どちらにも共通して素晴らしかったのは
淡路の左官の技術。
建築雑誌『コンフォルト』(2011年2月号)に掲載されている
久住章さんはその代表格ですが、
その息子さん(久住有生さん="情熱大陸"にも出てましたね)共々、
世界的に飛び回っておられます。

益子の泥団子づくりに参加なさった方なら
その風合いをご存知かもしれませんが、
あのピカピカの泥団子の感じで
カフェの広いカウンターが作られているさまは
ほんとに美しかったんですよ!!
(『コンフォルト』(2011年2月号)には益子の記事もあったので
 益子の方、たくさん読んでいるかも、ですね。)


12年前、我が家を建てるとき、
やはり土間、とか土壁、とかを
腕のいい左官職人さんにお願いしたい
という希望はあったのですが、
今ほど住宅建築に、自然素材や昔ながらの技術、
といったものが注目されてなかった時期で
そんな希望は叶えられませんでした。

淡路で、家を建てたかったな、
とつくづく思った今回の帰省でした。

e0103740_1841481.jpg





「楽久登窯」
 西村さんの
 碗

[PR]
by masiko-hashicco | 2011-08-10 11:39 | 家族 | Comments(0)

淡路の夏休み-1

e0103740_15455739.jpg

淡路から戻って、
はや6日にもなってしまいました。
展示会後も休みなく、
いろんなところに出かけていたものですから、
疲れが出てしまって・・・

これからでもまだ間に合う!
淡路旅行のススメ☆

我が家の淡路の夏休みをちょこっと参考に!!

島の中心部にある大浜海水浴場。
夫が小さい頃は、汚れていたそうですが、今はキレイ。
ちょっと沖には、アジがはねていたり、
遊泳中に、鯛も近くを泳いでいました。
e0103740_15544365.jpg


南淡路のじゃのひれフィッシングパーク。
イルカと遊んできました。
もう少し大きくなったら、
いっしょに泳ぐコースも試してみたい!
e0103740_16131193.jpg


洲本市図書館。
昔、淡路には大きな鐘紡(カネボウ)の工場があって、
その跡地にイイカンジの赤煉瓦の建物が残っています。
その一つを利用して作られた市立図書館は
広々としてとてものんびりできる空間でした!
ハンス・ウェグナーなど、座り心地のいいイスが
ゆとりをもって配置してあり、
気持ち良さげに居眠りしているおじいさんに納得。。
e0103740_166269.jpg


イングランドの丘。
2002日韓ワールドカップの時、
イングランドが宿泊地に選んだのが淡路島でした。
この公園は、その前からあったそうですが、
名前はその頃から??
あまり大きな施設ではありませんが、動物に触れたり、遊覧バスに乗ったり、
植物園や遊園コーナーもあり、子供が楽しめるところでした。
レンタサイクルなんかあれば、もっといいなー。。。
e0103740_1615123.jpg


今日はここまで。
"淡路の夏休み-2" に続く・・・・
[PR]
by masiko-hashicco | 2011-08-06 16:16 | 家族 | Comments(0)
e0103740_1244943.jpg

7月21日〜31日まで、
夫の故郷・淡路島に帰省しておりました。

今回は、益子の震災被害も知っていただこうと、
故郷では初めてとなりますが、
3日間(23〜25日)、展示会もさせていただきました。

うつわギャラリーも見当たらないので、
実家の菩提寺で、と考えましたが、
場所が不便なところなので
母の友人から洲本市中心部のお寺で、
と勧めていただき、今回の開催となりました。


搬入日まで、会場を見ることなく、
急に葬儀などあった場合は中止となり得ることもあり、
ドキドキの幕開けでしたが、
広々とした江国寺の空間をお借りできて
ゆったりと見ていただけて、ヨカッタです!!
お茶と茶菓子でのんびりしていただけたし。
e0103740_1220777.jpg


淡路のご協力の方々のおかげさまをもちまして
3日間、バタバタしながらも、楽しく終えました。



「旅するカケラ」も、淡路島へ!
e0103740_1224174.jpg

e0103740_12244284.jpg

e0103740_12245367.jpg


ご来場も皆さま、ありがとうございました♪
淡路島の温暖な気候が育む、
和やかな気質に触れて、
こちらが癒され、元気いただきました!

淡路の素敵な出会いに感謝☆☆

e0103740_9372563.jpg

   「 岡本 芳久 作陶展 」

    7月23日(土),24日(日),25日(月)
  
    10:00−18:00    

    会場:江国寺

    終了しました
[PR]
by masiko-hashicco | 2011-08-03 12:21 | お知らせ | Comments(2)

明日から淡路?

e0103740_1175815.jpg





緑釉飴水玉小鉢
約11cm×14cm
高さ6cm



「いつか淡路で帰郷がてら、などと以前から思っていました。
しかし地震がきっかけになり、重い腰を上げてくれようとは、
思いもよりませんでした。」

地震後、様々なショックなことがあっても
自分の気持ちは語らなかった夫ですが、
淡路の友人にこんなメールをしていました。

「地震当初は、もうやきものを続けられないかも、
と思った」とも。。。

震災から4ヶ月。
やきもの制作を続けられ、
故郷・淡路島の皆さんに、
独立後12年の成果を見ていただける
場を持てたことに感謝いたします。

益子のみんなが丹精したのに
割れてしまった"カケラ"
淡路へ旅することになりました。
益子の思いを、微力ながら伝えてきたいと思います。


そんな中、台風6号の動向が気になります、、
明日、無事に出立できるのか??




e0103740_9372563.jpg

   「 岡本 芳久 作陶展 」

    7月23日(土),24日(日),25日(月)
  
    10:00−18:00
    
   益子で焼きものを初めて12年。
    そろそろ淡路でも展示会を、
    と思っておりました。
    今回色々な方のご協力で展示の
    機会を得、感謝しております。

    3.11の大地震では
    益子も大きく揺れました。
    たくさんの焼きものや窯が被害を受け、
    元気をなくしました。
    しかし今は、復興へ向け
    前へ進むのみです。



    「カケラプロジェクト」協賛

    会場:江国寺

       兵庫県洲本市栄町3-3-19
       (駐車場:江国寺の裏)
    
    連絡先:090-8349-1079



    



[PR]
by masiko-hashicco | 2011-07-19 11:34 | お知らせ | Comments(0)

あと5日寝ると

e0103740_1431447.jpg









白釉花形鉢
約18×19cm
高さ約6cm

水色釉花形鉢
約20×22cm
高さ約6cm



昨日は湿度が低かったのか
暑くてもあんまり苦しくなかったのですが、
今日の益子はサウナ状態。。。
35度の予報。暑いです〜〜、、

そんな中、窯焚き、窯出し、糸尻の研磨・・・
ホント大変です、、
緑釉の発色処理後の乾燥は早くて助かるんですけど。。。

そんな作り手の苦労を知ってか知らずか、
花形鉢は白釉も水色釉も
涼しげな顔をしています。

今回、いつも作っているカレーやパスタに
ちょうど良い大きさの鉢(写真下の水色釉の方)より
ひとまわり小さいサイズを作ってました。

益子らしいぽってりとした重みがある
器ですが、それが柔らかい雰囲気を出してます。

今晩は、淡路へ出発前の最後の窯焚き。(柿釉)
ギリギリまでがんばります!




e0103740_9372563.jpg

   「 岡本 芳久 作陶展 」

    7月23日(土),24日(日),25日(月)
  
    10:00−18:00
    

    会場:江国寺

       兵庫県洲本市栄町3-3-19
       (駐車場:江国寺の裏)
    
    連絡先:090-8349-1079



[PR]
by masiko-hashicco | 2011-07-15 12:12 | お知らせ | Comments(2)
e0103740_11153243.jpg




朝いつもより遅めに目覚めたら、
すでに暑い!
なんか今日はムシムシ、、、

お布団の中から空を見上げると、
なんだか劇的な空。
思わず階下からカメラをもってきて、パチり☆

愛読書の『空の名前』で、雲の名前を
調べてみる。。。

”鰯雲”のような、”鯖雲”のような
”鱗雲”??
なんか、季節が合ってない。。

西の方では、昨日梅雨明けとのこと。

関東もそろそろでしょうか。

淡路に行く前に、暑さに慣れておかないと、
関西の厳しい暑さについていけないかも。
暑いのは苦手だけど、
ジメジメにももう飽きたし、梅雨明け願う!





e0103740_9372563.jpg

   「 岡本 芳久 作陶展 」

    7月23日(土),24日(日),25日(月)
  
    10:00−18:00
    

    会場:江国寺

       兵庫県洲本市栄町3-3-19
       (駐車場:江国寺の裏)
    
    連絡先:090-8349-1079



[PR]
by masiko-hashicco | 2011-07-09 11:22 | ましこたより | Comments(0)
e0103740_10151782.jpg



娘が夏休みに入ったら、淡路に帰省する予定、
と前回書きました。

その帰省の際、
淡路の皆さんにも
器を見ていただく機会を作りました。
というか、
たくさんの皆さんの
ご好意で作っていただきました。

その案内状が出来ました。
開封したてをupしました☆

益子のA山さんにお願いした
写真、キレイ♪

緑釉の器の撮影って難しいんですよ!
なかなか目で見るようなミドリが出なくて・・・
A山さんも40枚撮影されたそうです。
ありがとうございました!!

益子は今日も暑い!
汗を吹き拭き、
宛名書きガンバロ、、、


*6月16日にご紹介した
" Mee's Gallary " の佐藤さんのブログ
  夫の器のことを書いていただきました!!
  感謝☆
[PR]
by masiko-hashicco | 2011-06-30 10:25 | お知らせ | Comments(3)

淡路観光2010 2の巻

e0103740_2327477.jpg




淡路夢舞台にて

ひとつひとつ
丁寧に
埋め込まれた貝殻

職人さんたちの
心意気を感じる



e0103740_2342188.jpg

義父の初盆供養を、親戚一同会し、
厳かに、そして賑やかに終えました。

重荷を下ろした義母とともに、
また淡路観光に出かけました。

まずは、最近噂になっている「ノマド村」へ。
スイスでアートプロジェクトを運営していた
ドイツ人映像作家とピアニストとアートプロデューサーが
淡路島の廃校に拠点を移して、地元のアートセンターの人たちと
協力しながら、新たな展開を始めたところらしい。
カフェもあって、ドイツやスイス的なランチも食べられるらしい。。。

所在地だけ確認して、出発してしまったのですが、
カフェも、映像インスタレーションの公開も土日のみ
と知ったのは到着してからでした。
カフェの様子だけ写真を撮ってきました。
和めそうな空間を見たら、とっても残念な気持ち。。
しかたない、またの機会に。。

では、も少し足を伸ばして淡路の北端に近い、
「淡路夢舞台」へ、ということにして、
e0103740_23112650.jpg
その往きすがら、
義母のオススメの
中国料理店で腹ごしらえ。
(リンロンゴ)

気軽に入れるアットホームな
雰囲気でしたが、お料理は本格派。
なにげに紫砂茶壷
(しさちゃこ=中国茶用の急須)
の展示販売もされていて、
お料理が運ばれてくる間
夫は見入っていました。



そしていよいよ「淡路夢舞台」。
ここは、”ジャパンフローラ2000”という
淡路島で花博が行われたときに作られたところで、
国際会議場やレストラン、植物園、ショップが
点在する広大な施設です。
隣接する明石海峡公園も40万㎡あり、
季節がよければ、一日のんびりまわりたいところ。

中でも、一目見たかったのは、”百段苑”。
安藤忠雄氏設計の100個の枡形花壇です。
前から一度来てみたかったけれど、
先月のTBS『情熱大陸』で、安藤忠雄さんが
この百段苑を建設中、職人さんを大事にする姿勢に
感動して、ますます見てみたいという気持ちになっていました。

e0103740_23341924.jpg

壮観!
海への見晴らしも清々しい。
右側には、2002日韓ワールドカップのときに
ベッカム以下イングランドチームが滞在した
ウェスティンホテルがあります☆

e0103740_2334448.jpg

花壇の端に、水が流れる階段があり、
夫と娘は水に入りながら降りて行きました。

そして、導かれるように
”奇跡の星の植物園”へ。

e0103740_22561451.jpg

今はちょうど、バリ島のイメージで植物が配されていて、
一気に南国気分。
夏の強い日射しにしっくりくる植物ばかりで
とっても心地よかったです。

e0103740_22572447.jpg

たくさんのフルーツの木が、展示されてました。
( 左上:チェリモヤ 、 右上:スターフルーツ
左下:ライチ 、 右下:ドラゴンフルーツ )

益子も暑いから、こんな南国フルーツを
植えてみてもいいかも?! なんて
常に、食い気先行です(恥、、)

娘の大好きな・・・
”デカイ 虫 ”もたくさん展示されてました〜〜、、

ほんとのところ、ウェスティンホテルの中にも
入ってみたい!と言いたかったのですが、
何しろ皆、お疲れモード。
コレも、またの機会に。。。


ユーモアと物欲を刺激するショッピングガイド「カラメル」〜暑さ・熱中症対策グッズ特集〜
 扇風機のバナーをポチッとすると、
 お探しの熱中症予防グッズが
 見つかるかも??       
 
[PR]
by masiko-hashicco | 2010-08-11 23:58 | 家族 | Comments(0)

作陶家・岡本芳久の妻のひとりごと 益子のはしっこの山の中から岡本家の日常をつづります。


by masiko-hashicco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30