タグ:水色釉 ( 11 ) タグの人気記事

偶然の結晶

e0103740_10134974.jpg

水色釉鉢
(@ヤマニ 個展にて)


夫の個展を見てきました。

久しぶりに、水色釉を焼いていたんですね。
知らなかったです。
ラベルは私が書いたのに、
眠くて、記憶になかったです。笑

会場に行ったら、
目の覚めるような美しい結晶に出会いました。
好きなんです。この結晶が。。

二つと同じ表情を見せないものに、魅かれるのです。



益子 ヤマニ大塚   岡本芳久 作陶展 開催中 !









[PR]
by masiko-hashicco | 2016-06-08 10:21 | ・ 水色釉 | Comments(0)

今日のオヒル。

e0103740_14135657.jpg








水色釉花形皿
粉引長角小皿



昨年から、生たらことオクラを
麺とからめるのが気に入っている。
もみのりをこんもりとのせて、わさびを添える。
今日はつるんとしたのどごしのうどんと
和風に合わせる。
和風なので、今日は麺つゆを絡ませた。

基本的には

生たらこ
オクラ
昆布茶(昆布だし)
オリーブ油


スパゲッティでもよし。
その時は、あの「壁の穴」風にバターでも
いいですね。

オクラのネバネバがつるつる麺を
更ににツルツルにしてくれて、
夏に嬉しいのどごし。

ツルツル ネバネバ が好きな
秋田の人はきっと好きだな。
[PR]
by masiko-hashicco | 2013-09-04 14:16 | ・ 水色釉 | Comments(0)
e0103740_11182953.jpg








水色釉雲形小皿


やはり今日は、日射しが降り注ぎ暑くなってきました。
お茶の時間は、冷たいジンジャーソーダ。

でも、室内は爽やかな空気で
空も数日前より高くなっているような。。

モモエちゃんからの沖縄のお土産、
「しあわせをはこぶとりサブレ」

空に浮かぶ雲のカタチのお皿に載せて。。

しあわせいただきました☆
[PR]
by masiko-hashicco | 2013-08-26 11:29 | ・ 水色釉 | Comments(0)
e0103740_12421164.jpg










水色釉ぐい呑み


夏野菜がたくさんあつまる今日このごろ。

かぼちゃもおっきいのがドンドン!っと
あっちとこっちから来ました。

女性は”いもくりなんきん”が好き、と言われますが、
私は、実はこのテが苦手。。。
夫の方が、「かぼちゃの煮物食べたい!」と
言ったり、秋にはいそいそと栗を煮たりしています。

苦手であっても、イロイロに料理して、
気持ちもすっかりキレイに頂こうと思います。

かぼちゃのペースト。
お正月にも、甘すぎる栗きんとんの替わりにいれるもの。
かぼちゃのマッシュにヨーグルトとお塩のみ。

このごろ気に入ってよく焼いている
堀井和子さんのレシピの「丸パン」に
ちょうどよく・・・・
[PR]
by masiko-hashicco | 2012-08-24 14:07 | ・ 水色釉 | Comments(0)

雪の日に

e0103740_9481194.jpg

昨日、ふわふわの雪の日。

淡路島に帰省していた夫が、
お土産に
雪の様なチーズケーキを買ってきてくれた。

娘には、大好きな ”ダヤン” のスプーン。

たったの2日半、お父さんがいなかっただけで
元気がしぼんでいた娘。
大好きなお父さんが帰ってきて、
お土産ももらえて、
バレンタインのプレゼントも渡せて、
「うるさーい!」くらいの元気回復です♪
[PR]
by masiko-hashicco | 2011-02-16 09:56 | ・ 緑釉 | Comments(4)

ムシムシ〜、、

e0103740_9584280.jpg








水色釉フリーカップ
直径約11cm×高さ約8cm



今日は水色で、少しは涼感を。

益子は、すんごいムシムシしてます!!
こんなに梅雨らしいムシムシ感は久々、ってカンジ。

昨日の娘の学校の「2年生ドッチボール大会」も
こどもの大人もみんな、汗びっしょり、、、
お疲れさま。




e0103740_1094126.jpg




緑釉もあります。

[PR]
by masiko-hashicco | 2010-06-28 09:58 | ・ 水色釉 | Comments(2)

一息・・・

e0103740_10355222.jpg













水色釉浅鉢
直径約20cm×高さ約5cm


10/31〜11/4の秋の益子陶器市が終わりました。
今回は飛び石連休で、後半は寒い中
一番高台の”遺跡広場”テント店まで
足を運んでいただいた方々、本当にありがとうございました!!

昨日は、4日夜の打ち上げで、調子に乗りすぎて
お酒が残ってしまったので、PCにさわることなく
一日ぼーっとしてしまいました。
いい加減に歳をわきまえなさい!ですね。(ぽりぽり・・・)

今日も少しのんびりと、
もう1つのブログ(AgoPaixLabo)のコメントのお返事を書いて
こちらのほうにも・・・

昨日まで、ほんとに寒くて、
今年初、薪ストーブに火を入れたのですが、
煙突に吸い込まれていくはずの煙が
ストーブの前面扉からモクモク出てきてしまって、
居間が煙でケムケムになってしまい、
娘とあわてて仕事場に夫を呼びにいきました。
煙突にすすがたまっていたらしいです。
うちのストーブの煙突は2階も突き抜けて
屋根までまっすぐ立っているので、
今まですすはたまらなかったんですけどね。
10年たてばたまるということですね。

今日はやっと少し温かさが戻ってきました。

秋の日だまりがキレイで、写真にも光を入れたくなります。
[PR]
by masiko-hashicco | 2009-11-06 11:01 | ・ 水色釉 | Comments(0)

つやつや

e0103740_9225329.jpg

あまりに、ツヤツヤきれいなので。

穫りたて!

我が家の小さな畑も、
この10年で大きくなりすぎた周りの木々たちのせいで
陽当たりが悪く、収穫が期待できなくなってきました。
でも、なんとかミニトマトは育ってくれます。
朝晩はすっかり秋らしくなってきたけれど、
トマトはもう少し収穫できそうです。アリガタや!



e0103740_9321751.jpg
[PR]
by masiko-hashicco | 2009-09-07 09:26 | ・ 水色釉 | Comments(0)

いい色出てます。

e0103740_9534310.jpg















水色釉木瓜(もっこう)型鉢
見込み直径約15~16cm、高さ11cmぐらい
 ¥5,000


どの釉薬もいつでも完璧に焼きあがる保証はなく難しいのですが、
水色釉はまだ取り掛かってから間もないこともあり、
窯を開けるときが楽しみな釉薬です。

今回は・・・
マットで不思議な質感に。
とっても夏向きな雰囲気だと思いませんか?

昨日我が家を訪れてくれた友人(やはり作陶家の妻)が
「ウチの夫は、気に入った作品は、搬入前いつまでも包まないで
置いておいて、お嫁に出したくないようだ」
と言っていました。

この鉢もそんな気がしています。
ざらっとした土を使ったのに、このふんわりした仕上がり。
両手で包み込んでも、実際の重さより軽く感じるようなやんわり感。

何を盛りましょうか?
お豆腐やチーズなんかの白。
ポテトサラダの白も暑い季節ならいっそう涼やかに見えるかも。
たまごの黄色も合いそうだし。
野菜のグリーンも。


e0103740_10131647.jpg



水色小皿にはイチゴの赤も映えていました!

水色釉小皿
直径11~12cmぐらい
 ¥2,500



お嫁に出したくないけれど、
旅立っていきました。
本日搬入です。


e0103740_1021101.jpg

岡本芳久作品展
岡本さんの器を
いつもの食卓で

2008年6月7日(土)
    ~6月22日(日)

 NUSHISA 


[PR]
by masiko-hashicco | 2008-06-04 10:19 | ・ 水色釉 | Comments(0)

不思議な色あい

e0103740_1056284.jpg

グレーがかった水色で、小皿が焼きあがりました。
不思議な結晶のようなものも出ていて
面白いです。

クールな質感をうまく引き立たせるような
メニュウを考えてみてください!
小皿と言っても深さがあるので、
汁気があってもいけます。



e0103740_1131310.jpg
我が家が最近好きなのは、
マッシュポテト。
皮付きのままコトコトやわらくなるまでゆで、
ミルクとバターとお塩を加えてマッシュ!
すり鉢でマッシュすると、
ホントになめらかなマッシュポテトになります。
マッシュポテトってこんなに美味しかったのか!
という感動がありますよ!!

毎年、何度か北海道のおばから有機農法EM栽培の
美味しいジャガイモが届きます。
今回はホクホクかぼちゃも入っていました。
これもほんとにいつもおいしい☆
今回はそちらも混ぜて、黄色いマッシュポテパンプ??
ほんのり甘みも出て、ジャガイモ&かぼちゃ嫌いな娘(なぜ?)も
喜んで食べてくれました♪

[PR]
by masiko-hashicco | 2007-12-09 11:13 | ・ 水色釉 | Comments(0)

作陶家・岡本芳久の妻のひとりごと 益子のはしっこの山の中から岡本家の日常をつづります。


by masiko-hashicco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31