タグ:展示会 ( 117 ) タグの人気記事

e0103740_11493315.jpg


明日・あさって(2012年3月10日・11日)は、
震災から1年、大変なことがたくさんあった益子にも
温かい手がさしのべられて、元気を取り戻しつつあることに
感謝の気持ちを!と、益子復興感謝市が開かれます。

益子の中心・城内付近だけでなく、益子全体で
いろいろなイベントが開かれるようですので、
陶器市とはまた違った益子を深く楽しんでいただける企画
だと思いますので、陶器市まで待てない!という方は是非。

夫の 佳乃やさんでの「東風の会 〜 把手のあるうつわ 展」
11日まで開催中です。
陶器市のようにテントが並ばない分、
益子の陶器店・ギャラリーをくまなく散策して下さい!!

e0103740_11565263.jpg


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

e0103740_11573233.jpg

・ 2月18日(土)〜3月11日(日) 金曜日定休
 「東風の会 〜 把手(ハンドル)のあるうつわ」
     
  出品作家 : 松崎健 馬場由知子 設楽享良 岡本芳久

      会場 : 益子・佳乃や
            栃木県芳賀郡益子町益子3169-1
            [tel] 0285-72-8717
      営業時間 : 10:00〜17:00
[PR]
by masiko-hashicco | 2012-03-09 12:10 | お知らせ | Comments(0)
e0103740_92035.jpg

本日より、日本橋高島屋での
「春を盛るうつわ 3人展」 が始まります。

今年の春は、訪れが遅いだろうとは
思っていましたが、今朝は雪。。。

さすが、”雪男”!! (って、怪物の方ではないですよ。)
夫は展示会初日、”雪”ってことが多い気が・・・

「また雪か。」とボソッとつぶやいて出かけていきました。

7階会場で、土鍋さんたちはどんな風に
並べてもらったのでしょう。

e0103740_975151.jpg





+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

e0103740_8494756.jpg

「春を盛るうつわ 三人展」

 平成24年 2月 29日(水)〜 3月 6日(火) * 最終日は午後4時閉会

 日本橋 高島屋 7階 ギャラリー暮しの工芸
 
   岡本芳久  渡辺キエ  松田路子

 
[PR]
by masiko-hashicco | 2012-02-29 08:50 | お知らせ | Comments(0)
e0103740_947437.jpg

今日は、益子は最高気温が12℃の予報。
春の気配が少し感じられるようになってきました。
お店には春物がたくさん並んでいますしね。

ウツワも、春らしい華やかな展示が増えてきました。

久しぶりの東京での展示は、
女性2作家との、3人展になりました。

まだまだ寒い3月。
秋田の展示に引き続き、土鍋も出品いたします。

是非、お立ち寄り下さい!!


 「春を盛るうつわ 三人展」

 平成24年 2月 29日(水)〜 3月 6日(火)
* 最終日は午後4時閉会

 日本橋 高島屋 7階 ギャラリー暮しの工芸
 
   岡本芳久  渡辺キエ  松田路子
 
[PR]
by masiko-hashicco | 2012-02-24 09:57 | お知らせ | Comments(0)
e0103740_1032367.jpg


年に一度の益子のうつわや佳乃や さんの
「東風 (こち) の会」の展示。
今回は、 "とって" がついた器の展示に呼んでいただきました。

4人の作家の ハンドルのついたうつわが並びます。

今回のDM、設楽さんのデザイン素敵☆



・ 2月18日(土)〜3月11日(日) 金曜日定休
    「東風の会 〜 把手(ハンドル)のあるうつわ」
     
      出品作家 : 松崎健 馬場由知子 設楽亨良 岡本芳久

      会場 : 益子・佳乃や
            栃木県芳賀郡益子町益子3169-1
            [tel] 0285-72-8717
      営業時間 : 10:00〜17:00
[PR]
by masiko-hashicco | 2012-02-14 10:11 | Comments(0)

最終日、益子も雪。。

e0103740_9103475.jpg


日曜日の雪は、肩すかし。

今朝の雪は、益子を白く染めて、
美しい朝となりました。

益子では、たまの雪なので、
雪かきするのか??と
朝、そわそわして早く目が覚めます。
でも、雪かきするほどではなかったですね、、
そのかわり、濡れた道が凍ってて、
スクールバスのタイヤが、発進のときスベッってました。
雪かきスコップでは歯が立たなかった氷も
バスの重みでガリガリ割れてましたけど。

こんなうっすら雪でも、朝から大騒ぎのTV。。

秋田市内の大雪にうんざりしながら
週末 横手の展示会場に訪ねてくれた両親・弟は、
「横手の雪は、秋田の比じゃなかった。」と。
「雪の壁。」と。

でも、除雪車のスケールが大きくて、
車の運転に心配はなかったそうであります!

本日、最終日。
横手の方々は、雪の生活あたりまえ?!
お客様の出足もよいらしい。
ありがとうございます!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0103740_1091531.jpg



 Okamoto Yoshihisa Exhibition
  2012年1月14日(土)〜1月24日(火)
  @ うつわ茜   秋田県横手市平城町6-13
          tel&fax 0182-23-9106

[PR]
by masiko-hashicco | 2012-01-24 09:26 | ましこたより | Comments(0)

土鍋、秋田へ!

震災後のバタバタを、
まだまだ引きずりながら年が明け、
ようやく、2012年初の展示会へと
こぎつけました。

我が家の窯から出たモノたち、
明日の会場に向けて、秋田で並んでいることでしょう。

旅立ち前に、撮った土鍋たちの一部を
ご紹介。

e0103740_10204935.jpg



直径(取手を含む)約30cm
  内径 約20cm
  高さ 約16cm


e0103740_10224763.jpg
    
            胴:白釉 蓋:緑釉
            直径 約32.5cm
               内径 約26cm
               高さ 約20cm 


e0103740_1024182.jpg

            胴:黄伊羅保 蓋:緑釉
            直径 約30cm
               内径 約24.5cm
               高さ 薬20cm


e0103740_10252374.jpg

            胴:黄伊羅保 蓋:飴釉
            直径 約29cm
               内径 約24cm
               高さ 約19cm


e0103740_10275929.jpg

e0103740_10294768.jpg


            白釉深鍋
            小 直径 約19cm
                内径 約14.5cm
                高さ 約16.5cm

            大 直径 約20cm
                内径 約15cm
                高さ 約18cm


            * フタには、私=AgoPaixLabo(アゴペラボ)コラボも。


土鍋の蓋を外したときに置き場に困らないよう、
"ふた置き"も作りました。

もちろん、今回土鍋だけではありませんよ!
とり鉢、野菜などを乗せるお皿、
鍋関連でない器も取り混ぜての展示です。

この季節、豪雪の横手。
足下にはくれぐれもご注意なさって
ご高覧いただきますよう。。

e0103740_10343036.jpg

[PR]
by masiko-hashicco | 2012-01-13 10:43 | お知らせ | Comments(0)

あと1週間で横手!

e0103740_22202878.jpg

お知らせがギリギリになってしまいました。

秋田・横手の うつわ茜 さんでの
展示会が、あと1週間後とせまってまいりました。

前回 うつわ茜 さんでの展示会は2010年の12月でした。
昨年も引き続き12月に、との予定でしたが、
震災後、態勢がなかなか整わず、延期となりました。

前回、店主に夫が「次は土鍋など。」と提案していたので、
なんとか冬のうちに開催したいという思いで
雪深く、やきものなど買いにきてくれるのかな、
という心配もありましたが、ひと月延ばしただけで
開催することにいたしました。

東北の長い、寒い冬。
温かい鍋を囲むときの家族団欒の場面を
思い浮かべながら、作りました。
きりたんぽ、しょっつる、味噌かやき・・・
ふたを開けて立ちのぼる湯気ごしに見る
家族の笑顔。

新たな年はそんな笑顔がたくさん見れますように。


 Okamoto Yoshihisa Exhibition 

     2012年 1月14日(土)〜1月24日(火)
     11:00 〜 17:00 (最終日は16:00まで)会期中無休

     うつわ茜

e0103740_22204975.jpg
[PR]
by masiko-hashicco | 2012-01-07 22:41 | お知らせ | Comments(0)

展示会スケジュール

< 2011年・終了した 展示会 >

  ● 1月15日(土)〜1月30日(日)
    「Yoshihisa Okamoto exhibition」
     かつら陶芸 ギャラリー(茨城県・笠間)   


  ● 3月5日(土)〜3月11日(金)
    「岡田崇人・岡本芳久 二人展」       
     ぎゃらりぃ ぜん (栃木市)

  
  ● 5月31日(火) 〜 7月10日(日)
    「益子に吹く風」 岡本 芳久 展  
     益子陶芸美術館 ミニギャラリー  
  
  
  ● 7月23日(土),24日(日),25日(月)
    「 岡本 芳久 作陶展 」 
      江国寺 ( 兵庫県洲本=淡路島)


  ● 9月7日〜(予定)  北関東・南東北の器《飯碗プロジェクト》参加 
              (全国の三越・伊勢丹各店)

  ● 9月17日〜     益子・佳乃や 「岡本芳久 作陶展」  
  
  ● 10月1・2日     益子市  

  ● 11月3〜7日    益子・秋の陶器市  

  ● 11月9〜14日   新宿伊勢丹・益子&笠間合同企画展
              「KASAMA∞MASHIKO  理想のクラフト郷へ
                    笠間と益子の魅力   」  
[PR]
by masiko-hashicco | 2011-11-21 12:14 | スケジュール | Comments(4)
e0103740_1014575.jpg

秋の陶器市は昨日終了いたしましたが、
益子の面々は次は新宿へと、動き出しております。
「陶器市行けなかった、、」とお嘆きの方、
是非コチラへ!!


11月9日(水)~11月14日(月)
会場 : 伊勢丹新宿店本館7階=催物場
「KASAMA∞MASHIKO 理想のクラフト郷へ ー 笠間と益子の魅力 ー」


震災によってダメージを受けた笠間~益子エリアの現状を踏まえながら、
この地の豊かな暮らしをものづくりを通して伝え、
土地の魅力を再発見することを目標としています。

陶芸、木工、ガラスといったクラフトを中心に、
染色、アパレル、家具、食にいたるまで、
笠間~益子エリアの暮らしをベースに創りだされるものを広範囲に扱います。
笠間、益子でのものづくりの背景にふれることができる、
特別な6日間。

<出展者リスト>  (出展者は約80組。)

【笠間】
稲吉善光 [陶芸]、井上塁 [陶芸]、OTA GLASS STUDIO 太田真人[ガラス]、鴨瑞久 [陶芸]
鴨暁子 [陶芸]、川内けいと [陶芸]、久野陶園(伊藤慶子)[陶芸]、桑原哲夫 [陶芸]
桑原典子 [陶芸]、小林東洋 [陶芸]、小堤晶子[陶芸]、近藤文 [陶芸]、酒井敦志之 [陶芸]
佐々倉文[金属]、佐藤剛 [陶芸]、島崎小乙里 [陶芸]、杉山洋二[ガラス]、鈴木環 [陶芸]
鈴木美汐 [陶芸]、須知大[金属・木工]、高橋春夫 [陶芸]、田山健司 [陶芸]
ともしび博士(森田努) [陶芸]、額賀章夫 [陶芸]、沼野秀章 [陶芸]、橋口信弘 [陶芸]
長谷川利雄[木工]、羽石修二 [陶芸]、原田陶窯(原田譲、原田奈央) [陶芸]、Maki[金属]
馬目隆広[陶芸]、森永篤史 [陶芸]、矢寶誠[木工]、やなぎゆきお [陶芸]、山口由美 [陶芸]
山崎さおり [陶芸]、湯川武利 [陶芸]

【益子】
安彦年朗 [木工]、石岡信之 [陶芸]、石川若彦 [陶芸]、伊藤剛俊 [陶芸]、伊藤丈浩 [陶芸]
岩下宗晶 [陶芸]、及川静香 [陶芸]、岡田崇人 [陶芸]、岡本芳久 [陶芸]、小野正穂 [陶芸]
川崎萌 [陶芸]、カンキチ工房 [植物]、KINTA [木工・鉄・家具]、久保田健司 [陶芸]
郡司庸久・慶子 [陶芸]、GOJAworks [ガラス・陶芸]、小林雄一 [陶芸]、KOMICHI [服飾]
斉藤ダイスケ [陶芸]、鈴木稔 [陶芸]、庄司千晶 [陶芸]、スターネット[陶芸・アパレル他]
soffa[椅子張]、高田純子 [服飾]、高山英樹 [家具]、竹下鹿丸 [陶芸]、谷島潤 [陶芸]
田村一 [陶芸]、津守優子 [墨絵]、冨山麻由子 [染色・染め絵]、土井朋子 [ガラス]
永田美雪[草木染め]、中村恵子 [陶芸]、二階堂明弘 [陶芸]、仁平古家具店 [骨董]
濱田窯 [陶芸]、古川潤 [家具・照明]、古橋治人 [木工]、宮田竜司 [陶芸]、横溝創 [木工]
吉澤奈保子 [陶芸]、吉村和美 [陶芸]、若菜綾子 [陶芸]


KASAMA∞MASHIKO(カサママシコ)
理想のクラフト郷へ ー 笠間と益子の魅力 ー
日程:2011年 11月9日(水)~11月14日(月)
時間:午前10時~午後8時(最終日は午後6時まで)
会場:伊勢丹新宿店本館7階=催物場
内容:笠間~益子エリアをベースに活動するクラフト作家を中心とした展示販売会
制作:かさましこ制作委員会(TRANSIT CREW INC./Landscape Products co.,ltd./
   atelier365°/ ヒジノワcafe&space)
問い合わせ先:伊勢丹新宿店 TEL 03(3352)1111大代表

<カサマシコ制作委員会より>
民藝運動において中心的な役割を担った陶芸家濱田庄司が
自身の理想とする暮らしを実践する為に益子を選ぶきっかけとなった町が
イギリスのディッチリング。
そこには芸術家や工芸家が理想とする風景とコミュニティが
濱田の考える中でもっとも豊かに存在していました。

彼は日本に戻るとその風景を作るべく土地を探します。
そしてたどり着いたのがこの地であったといわれています。

隣の町にはさらに笠間という益子と同じく豊かな環境をもつ町があり、
その二つの町は濱田の移住によりよい隣町として、
またはよいライバルとして存在してきました。
民藝運動の流れの中、濱田はディッチリングのように工芸と食と人、
ひいては環境そのものが豊かなものとなるべく益子参考館をつくるなど
この地にいるものづくりする人々にさまざまな影響を与えてきました。

その大きな流れから50年ほどたった今、
まさにその理想とする形が笠間と益子にはできてきています。
多くの工芸家や芸術家が移住し、
または豊かさを理解する人々が優しく美味しい食材をもくもくと作っています。
どれも輝いていて、人々を受け入れてくれるのです。

そんな中この度東北沖地震の影響を受け多くの作家が震災を被ることとなりました。
登り窯がほとんど潰れたり丹誠込めて作った沢山の作品が壊れました。
その壊れた瓦礫は痛々しいものです。

しかしながら彼らは再び物作りを始めています。
そして震災前と大きく変わったことがあります。
それは移住者の多いこの地の作家が今までになく語り合い協力し合い
その復興を支え合っているのです。
この危機において今まで以上に人が繋がりあい、
協力し影響しあうその中で生まれてくるものがきっと
濱田が理想とするヴィレッジに近づこうとしているように思います。
今回のこのKASAMASHIKO展がその力強い動きを
より良い方向へ進めるものと信じて開催することを希望します。
そして本展をご覧いただいた後、
実際に笠間、益子へ足を運んでいただき、
「クラフトの理想郷」を体感していただけますと幸いです。

[PR]
by masiko-hashicco | 2011-11-08 10:17 | お知らせ | Comments(2)

気持ちのいい秋

e0103740_16481183.jpg








片口

e0103740_16485939.jpg

益子は、とっても気持ちいい空気です。

「佳乃や」さんでの展示会も、
DMのハガキには本日25日まで、と
書いてありますが、いつものことながら
あと1週間は延長して見ていただけますので、
是非このさんぽ日和の益子へどうぞ!!

もう間もなく10月1・2日(土・日)には
益子の作り手だけの「益子市」が、
益子民芸運動の祖、浜田庄司ゆかりの
”益子参考館”の庭先で行われます。
「佳乃や」さんから「益子市」会場へ
新しい道もできて、まわりやすくなっていまーす!

「益子土曜市」の食ブースも同時出展いたしますので、
益子の味もご堪能ください。
「土祭」名物、”夕焼けバー”も夕方から仲間入りです!
[PR]
by masiko-hashicco | 2011-09-25 17:01 | お知らせ | Comments(0)

作陶家・岡本芳久の妻のひとりごと 益子のはしっこの山の中から岡本家の日常をつづります。


by masiko-hashicco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31