タグ:夏休み ( 10 ) タグの人気記事

淡路の夏休み-2

e0103740_1112727.jpg


何度も書きますが、
淡路から帰って、しばらく疲れて動けませんでした(笑)
盛りだくさんに島をまわっていたので。。。
台風で一日出発が遅れたのもありよけいキツキツの
スケジュールになってしまいました。

今回、是非行ってみたかったのは、
「楽久登窯」さんと料理民宿「南海荘」さん。
「南海荘」さんの方は、先日BS日テレで
活躍の様子が放送されたので、予約が取れず
泣く泣く断念、、
(展示会には来ていただきました。ありがとうございました。)

「楽久登窯」の西村さんも、展示会に来ていただきました。
雑誌や淡路のいろんな方のブログで知って
一度行ってみたかった工房&カフェギャラリー。
西村さんのおばあさんが住んでいた古民家と農機具小屋を
素敵にリノベーションした建物や庭は、
ため息もの。。。
春にここで行われた" 美・観・美(さんみ)"の
食のイベント「炎と戯る」の野外厨房も
素晴らしく、ますます来たかったな〜
思ってしまいました。

残念ながら、西村さんとはすれ違いになってしまいましたが、
手作りスイーツやランチでおもてなししている
カフェ担当のお姉さまと楽しくお話できてゆるりとしてきました。

淡路の特産の瓦やさんが営んでいる「ギャラリー土坐」
建築家のお姉さんの事務所と
織物作家の妹さんの工房とギャラリーがいっしょになった
「いついろ」さん。
(この2件はお話に夢中で写真撮りそびれ、、)
みんなとても素敵な建物と内装で、
すごく目の保養させていただきました。

なんといっても、どちらにも共通して素晴らしかったのは
淡路の左官の技術。
建築雑誌『コンフォルト』(2011年2月号)に掲載されている
久住章さんはその代表格ですが、
その息子さん(久住有生さん="情熱大陸"にも出てましたね)共々、
世界的に飛び回っておられます。

益子の泥団子づくりに参加なさった方なら
その風合いをご存知かもしれませんが、
あのピカピカの泥団子の感じで
カフェの広いカウンターが作られているさまは
ほんとに美しかったんですよ!!
(『コンフォルト』(2011年2月号)には益子の記事もあったので
 益子の方、たくさん読んでいるかも、ですね。)


12年前、我が家を建てるとき、
やはり土間、とか土壁、とかを
腕のいい左官職人さんにお願いしたい
という希望はあったのですが、
今ほど住宅建築に、自然素材や昔ながらの技術、
といったものが注目されてなかった時期で
そんな希望は叶えられませんでした。

淡路で、家を建てたかったな、
とつくづく思った今回の帰省でした。

e0103740_1841481.jpg





「楽久登窯」
 西村さんの
 碗

[PR]
by masiko-hashicco | 2011-08-10 11:39 | 家族 | Comments(0)

淡路の夏休み-1

e0103740_15455739.jpg

淡路から戻って、
はや6日にもなってしまいました。
展示会後も休みなく、
いろんなところに出かけていたものですから、
疲れが出てしまって・・・

これからでもまだ間に合う!
淡路旅行のススメ☆

我が家の淡路の夏休みをちょこっと参考に!!

島の中心部にある大浜海水浴場。
夫が小さい頃は、汚れていたそうですが、今はキレイ。
ちょっと沖には、アジがはねていたり、
遊泳中に、鯛も近くを泳いでいました。
e0103740_15544365.jpg


南淡路のじゃのひれフィッシングパーク。
イルカと遊んできました。
もう少し大きくなったら、
いっしょに泳ぐコースも試してみたい!
e0103740_16131193.jpg


洲本市図書館。
昔、淡路には大きな鐘紡(カネボウ)の工場があって、
その跡地にイイカンジの赤煉瓦の建物が残っています。
その一つを利用して作られた市立図書館は
広々としてとてものんびりできる空間でした!
ハンス・ウェグナーなど、座り心地のいいイスが
ゆとりをもって配置してあり、
気持ち良さげに居眠りしているおじいさんに納得。。
e0103740_166269.jpg


イングランドの丘。
2002日韓ワールドカップの時、
イングランドが宿泊地に選んだのが淡路島でした。
この公園は、その前からあったそうですが、
名前はその頃から??
あまり大きな施設ではありませんが、動物に触れたり、遊覧バスに乗ったり、
植物園や遊園コーナーもあり、子供が楽しめるところでした。
レンタサイクルなんかあれば、もっといいなー。。。
e0103740_1615123.jpg


今日はここまで。
"淡路の夏休み-2" に続く・・・・
[PR]
by masiko-hashicco | 2011-08-06 16:16 | 家族 | Comments(0)

ひとときin神戸

e0103740_1041475.jpg

淡路から帰って、早くも2週間経ってます。
帰ってきて少し気が抜けて、暑さも手伝って
のびていたら、企画展の仕上げのスケジュールが
キツキツに・・・(泣)
サウナ状態の仕事場で、大汗かいていました、、

淡路帰省日記も古くなりつつありますが、
一応〆ということで。


茨城空港が出来て、淡路へのアクセスは楽になったものの、
帰りの飛行機のフライト時刻の早いこと!
なので、淡路からは間に合わないので、神戸に1泊しました。

義母と娘が寂しそうなので、ゆっくりとしてから移動。
早割で信じられないくらいお安く取れた
ホテルオークラ神戸。
駅から送ってくれたタクシーの運転手さんが、
「藤原紀香さんの披露宴のホテルだよ。」
なんて、教えてくれて、”あ〜、そうだっけな〜。”と。

ベルガールさんに案内された25Fの部屋からは
神戸港が見下ろせて、娘も大興奮でした。
初めてのトリプルのお部屋だったので、
自分用の大きなベットがあるのがとても嬉しかったようです。
(でも実は夜中に私のベットにもぐり込んできたんですけど。)

一休みして、「暑いけど、どっか行く?」
と、夫が考えていたのは、神戸湾クルーズだったのですが、
娘は、意外にも却下、、、
(地上を走っていたバスがそのまま海上に!というのに
 興味があったんですが・・・)

ホテルの居心地がよかったらしいです。
仕方がないので、夕食は外に出なきゃ、と
娘を説得して、やっと神戸の観光コースをまわっている
”神戸シティループバス”に乗り込み、
神戸の町へとちょこっとお出かけ。

旧居留地とか三宮あたりを物色したいところでしたが、
ガイドブックで見つけてここに、と思ったレストランが
北野だったので、ベタな観光スポットだな、と思いつつ
そちらへ。
e0103740_10324826.jpg

婚約当時だったか、結婚してすぐだったか?
遠い昔、初めて神戸に来たとき、やっぱり"うろこの家"とか見に
来ましたね〜。北野。

娘が少しは興味を持ちそうな「北野・工房のまち」前でバスを降り、
お土産探し。
神戸の手作りのものを紹介する小さなテーマパーク的な場所。
六甲牧場のソフトクリームを食べて元気になった娘。ゲンキン、、
懐かしい柄のマッチのお店があってお気に入りのマッチを
見つけて、喜んだのは、私。

”神戸港開港後、外国人たちが住居を構えた北野界隈には、
異国情緒が漂う数々の異人館が点在。”
という北野の町は、エキゾチックな雰囲気です。
夕暮れてきて、見つけたカワイイ雑貨屋さんたちは
すでに閉店。残念、、今回の帰省はこんなことばっかりだな
と思いつつ・・・

夕食に選んだレストランは、「swiss shalet
スイスからそのまま引っ越してきたかのような
スイスレストランでした。
まだ益子に来るなんて思いもよらなかった結婚当初、
新婚旅行にはぜったい!とわがままを聞いてもらって
行ってきたのが、スイスでした。
その時と同じ味を、娘も一緒に食べられたことが
とっても嬉しかったです☆
お店を出るとき頂いたレシートが、まんまスイスでもらうような
読みにくいアルファベットが並んだ手書きのレシートで、
そんな小さなことが、旅気分を盛り上げてくれました♪

次の日の朝、リッチなホテルでのんびり朝食、
なんてことはできない私たち(涙、、)
6時半にはフロントのコンシェルジュにキーを渡して、空港へ。

それでも神戸空港は朝早くから、茨城空港ではなく、
羽田へ向かう旅行客でごった返しておりました。

留守中、色々と面倒かけた隣人に買った
コンディトライ神戸の”バニラフロマージュ”が
絶品だったので、ここにてオススメしておきます!

それにしても、もう少し何とかならないかなー
スカイマークさん、もう一便ゆっくり目のを
増やして欲しいものです。
(茨城空港からは、ちかぢか中部方面と北海道への
 路線が増えるみたいですよ!)

[PR]
by masiko-hashicco | 2010-08-20 10:04 | 家族 | Comments(4)

淡路観光2010 2の巻

e0103740_2327477.jpg




淡路夢舞台にて

ひとつひとつ
丁寧に
埋め込まれた貝殻

職人さんたちの
心意気を感じる



e0103740_2342188.jpg

義父の初盆供養を、親戚一同会し、
厳かに、そして賑やかに終えました。

重荷を下ろした義母とともに、
また淡路観光に出かけました。

まずは、最近噂になっている「ノマド村」へ。
スイスでアートプロジェクトを運営していた
ドイツ人映像作家とピアニストとアートプロデューサーが
淡路島の廃校に拠点を移して、地元のアートセンターの人たちと
協力しながら、新たな展開を始めたところらしい。
カフェもあって、ドイツやスイス的なランチも食べられるらしい。。。

所在地だけ確認して、出発してしまったのですが、
カフェも、映像インスタレーションの公開も土日のみ
と知ったのは到着してからでした。
カフェの様子だけ写真を撮ってきました。
和めそうな空間を見たら、とっても残念な気持ち。。
しかたない、またの機会に。。

では、も少し足を伸ばして淡路の北端に近い、
「淡路夢舞台」へ、ということにして、
e0103740_23112650.jpg
その往きすがら、
義母のオススメの
中国料理店で腹ごしらえ。
(リンロンゴ)

気軽に入れるアットホームな
雰囲気でしたが、お料理は本格派。
なにげに紫砂茶壷
(しさちゃこ=中国茶用の急須)
の展示販売もされていて、
お料理が運ばれてくる間
夫は見入っていました。



そしていよいよ「淡路夢舞台」。
ここは、”ジャパンフローラ2000”という
淡路島で花博が行われたときに作られたところで、
国際会議場やレストラン、植物園、ショップが
点在する広大な施設です。
隣接する明石海峡公園も40万㎡あり、
季節がよければ、一日のんびりまわりたいところ。

中でも、一目見たかったのは、”百段苑”。
安藤忠雄氏設計の100個の枡形花壇です。
前から一度来てみたかったけれど、
先月のTBS『情熱大陸』で、安藤忠雄さんが
この百段苑を建設中、職人さんを大事にする姿勢に
感動して、ますます見てみたいという気持ちになっていました。

e0103740_23341924.jpg

壮観!
海への見晴らしも清々しい。
右側には、2002日韓ワールドカップのときに
ベッカム以下イングランドチームが滞在した
ウェスティンホテルがあります☆

e0103740_2334448.jpg

花壇の端に、水が流れる階段があり、
夫と娘は水に入りながら降りて行きました。

そして、導かれるように
”奇跡の星の植物園”へ。

e0103740_22561451.jpg

今はちょうど、バリ島のイメージで植物が配されていて、
一気に南国気分。
夏の強い日射しにしっくりくる植物ばかりで
とっても心地よかったです。

e0103740_22572447.jpg

たくさんのフルーツの木が、展示されてました。
( 左上:チェリモヤ 、 右上:スターフルーツ
左下:ライチ 、 右下:ドラゴンフルーツ )

益子も暑いから、こんな南国フルーツを
植えてみてもいいかも?! なんて
常に、食い気先行です(恥、、)

娘の大好きな・・・
”デカイ 虫 ”もたくさん展示されてました〜〜、、

ほんとのところ、ウェスティンホテルの中にも
入ってみたい!と言いたかったのですが、
何しろ皆、お疲れモード。
コレも、またの機会に。。。


ユーモアと物欲を刺激するショッピングガイド「カラメル」〜暑さ・熱中症対策グッズ特集〜
 扇風機のバナーをポチッとすると、
 お探しの熱中症予防グッズが
 見つかるかも??       
 
[PR]
by masiko-hashicco | 2010-08-11 23:58 | 家族 | Comments(0)

淡路観光2010 1の巻

e0103740_10235330.jpg








行正勝信 作
「夢の島」


e0103740_041373.jpg

淡路は、ほんとうに暑かったです、、
益子より確実に、太陽が近づいているカンジ。

だからという訳ではないのですが、
以前から楽しみにしていて、なかなか実現しなかった
「G-ELM」という淡路の南側・福良というところにある
ジェラテリアに行ってきました!

アイスクリームに目がない私。
なので、娘もそのケがあります。
暑いアワジで、出歩きたくない!といった雰囲気の娘でしたが、
「アイス食べにいかない?」
と言ったら、すっくと立ち上がりました。

e0103740_0372241.jpg
淡路の真ん中にある夫の実家から車で30分。
アイスクリームを食べるのに、
そんなに遠出するとは
思っていなかった娘でしたが、
黄桃とみかんのシャーベット、
食べたらご機嫌☆

夫は、定番・抹茶。義母は、抹茶と黄桃。
私はキャラメルといちご。
どれも美味。
季節的に、黄桃がベストかな?!
e0103740_021108.jpg


かわいい外観の
「G-ELM」

お客さんも
ひっきりなしで
人気ぶりが伺えます。


e0103740_0472268.jpg
福良港のお土産屋さんで
お土産を物色して、
帰る途中に、「そらみどう」という
雑貨屋さんに寄ってきました。

淡路島にも、このごろ若い陶芸作家さんが
増殖中のもよう。
淡路島は屋根瓦の生産地でもあり、
古くは珉平焼でも有名な土地柄。
焼きものとは無縁ではないんです。
工房を訪ねたいという希望も、
あまりの暑さにしぼんでしまいましたが、
「そらみどう」に少し置いてあったので、
作品を見せて頂きました。


焼きものコーナーはほんのすこしだったのですが
乙女心をくすぐるカワイイシナジナがたくさんあって、
ついつい衝動買い。。。

夫も珍しく、手が出て・・・
カワイイものが大好きな義母もドイツ製のホチキス買ってました。

2Fがギャラリーになっていて、
行った時はちょうど、リトグラフ作家さんの
夏にぴったりの展示がされていたのですが、
娘はそれが気に入ったらしく、
ずっと2Fに入り浸っていました。(トップの写真)


淡路滞在2日目は、駆け足観光でしたが、
晩ご飯に義母が用意してくれた、
淡路の新鮮なお魚に感動しながら舌鼓。
娘も次の日の海水浴にワクワクしながら一日を終えました。


「そらみどう」でget↓
e0103740_10384383.jpg

[PR]
by masiko-hashicco | 2010-08-11 00:26 | 家族 | Comments(0)

淡路島は日替わり海水浴

e0103740_10191385.jpg









多賀の浜海水浴場

淡路島での娘の目的は、おばあちゃんと過ごすことと
海水浴!!

今回の帰省の実の目的は、
昨年他界した夫の父の初盆の法事でしたので、
残念ながら海水浴は2回しか行けませんでした。

淡路島は、日替わりで海水浴場が選べるんですよ。
法事を帰省期間の真ん中にして、
法事の前に行ったのは、
淡路の中心・洲本市市街からすぐの"大浜海水浴場"。
夫も子供の頃からなじみの海水浴場で、
今年の猛暑で、ひときわにぎわっていました。
(2008年にも行きました。その時の様子→)

そして、法事の後、せっかくだから
行ったことのない海水浴場で、
瀬戸内海側で、と夫が悩んで選んで行きましたのが、
郡家(ぐんげ)というところにある"多賀の浜海水浴場"。

ここは、町で管理していてキレイに整備されて
安心して泳げるところでした。
シャワーも無料で使えるし、
海の家も、大浜ではおばちゃんおじちゃんばかりだったのが、
ここは若いおにいさんおねえさんがやっていて、
元気なカンジでよかったです☆

この日は、朝からぱらっと雨が降ったりして、
涼しいかな、と思いながら甘く見てしまいました。
昼頃から、刺すような日射しが。。。
お肌の心配な娘はラッシュガードをちゃんと着ていたから
大丈夫でしたが、夫と私は、真っ赤(涙、、)
大浜でも曇っていて何事もなかったので
ちょっと日射しに関して無防備になりすぎました。
やけどしそうな砂浜、ぬるーい海水。
ほんとに真夏の海水浴日和だったんです。

海の家のふわふわかき氷の美味しかったこと!
e0103740_1047093.jpg








淡路島の周りの、
海岸線・海の部分に
青字で書いてあるところが
海水浴場。
ホントにたくさん
あります♪
[PR]
by masiko-hashicco | 2010-08-09 09:59 | 家族 | Comments(5)

帰省してきました。

e0103740_15403486.jpg

夫の故郷・淡路島へ帰省してきました。

初めての茨城空港からのフライトで、
神戸空港に着いたときには、大雨でした。
でも、ポートライナーで神戸・三宮駅に着いた頃には
雨も上がり、ちょっと寄り道で、
北欧雑貨のお店と、
永年のお目当てのパン屋 ”BIGOT(ビゴ)” にも行けました☆

娘に急かされて、アスファルトから湯気が上がってそうな
神戸の町から、早々に淡路へ。

明石海峡大橋を渡って、淡路へ上陸したら、
この景色。。。。

1週間の滞在の期待が高まりました。




e0103740_16151634.jpg


BIGOTのパン→

いかにもバゲットらしいバゲットに
そそられましたが、娘の大好きなエピになりました、、(右)
[PR]
by masiko-hashicco | 2010-08-07 15:54 | 家族 | Comments(0)
e0103740_14222095.jpg







灰釉白掛舟形鉢




毎日、酷暑が続いていますね、、、
今すぐにでも、秋田に飛んでいきたい!

小玉スイカだと、
家族3人でペロっと1個食べちゃいます。
(トップの写真のスイカは小玉です。)

夕べの益子の祇園祭初日のイベント、
「手筒花火」の時間も、まだ暑かったです、、、
火の粉を浴びている方々はもっと熱いでしょうけど。
花火の勇壮さはコチラの写真で→

実は来週から行くのは、秋田ではなくて、
淡路だったりします。
毎夏、新幹線の新神戸駅に降り立った時の
陽炎が立っているようなあの熱い空気。
熱気を吸っているようで、深呼吸したくない(笑)

せっかく神戸を通るんだから、
神戸散策でもしたいところですが・・・
毎年、新幹線を一歩出て、あきらめます。
今回は、初の飛行機での帰省。
浮き立つ気持ちで、
「ビゴのパン」も買いに行きたい!
あそこも、などと、いつものことながら
夢は膨らむのですが、結局挫折か否か??

この関東の異常なまでの熱波が関西の夏に
打ち勝つ予行演習になっていれば御の字。
[PR]
by masiko-hashicco | 2010-07-24 14:34 | ・ 灰釉 | Comments(3)

残暑お見舞い

e0103740_14484675.jpg

「今年は夏がなかったみたいだねぇ。。。」
なんて言葉が、かわされる今日この頃。

夏休みもあと少し。
娘の宿題もあと一つとなりました。

心は早くも秋へと進みそうですが、
粘り強く暑さが居座った年もあったし、
まだホッとするのは早いかも、ですね。

昨日みたいにタマにぽっと、蒸し暑い日がはさまると
けっこう意識しないうちに疲労していたりします。

カルシウムをたっぷり摂って
がんばりましょう!!

[PR]
by masiko-hashicco | 2009-08-29 14:57 | ・ 白釉 | Comments(0)

今年も

e0103740_10181730.jpg

今年も、仕事場に迷い込んできた
オオムラサキ。

自然の中にこそ、こんな美しい色があることを
あらためて思い、感動。

今年で3年連続☆
来年も来てね!
でも、なんでいつも仕事場なんだろう???




昨日は、ギラギラ輝く太陽で、
暑い益子でした。

そんな中で、昨日は地元山本地区のお祭り (山車を曳く) があり、
おとついは隣町の打ち上げ花火を見に行き、
お疲れモードの岡本家であります。

夫は海が恋しいし、娘は大きなプール施設に行ってみたいし・・・
夏休みは盛りだくさん。

一番苦手な季節、夏。
なのに、一番忙しい季節かも(ふ~、、)


→2008年のオオムラサキ
→2007年のオオムラサキ

[PR]
by masiko-hashicco | 2009-07-27 10:16 | ましこたより | Comments(0)

作陶家・岡本芳久の妻のひとりごと 益子のはしっこの山の中から岡本家の日常をつづります。


by masiko-hashicco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30