<   2008年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

のどがカラカラ

e0103740_15323248.jpg

1週間前ぐらいから娘の風邪をもらったようで、風邪っぴきです。
のどが痛くなってから鼻風邪状態で、頭が重い感じです。
夜、寝る前は気分が良くなって、「明日は回復~♪」
と思うのですが、朝起きると良くなってない・・・(涙)
の繰り返しで、1週間以上過ぎてしまいました。
早くスッキリしたいです。
早く直さないと、寒風吹きすさぶ外での仕事ができないのであります。

鼻ばかりかんでいるので、水分抜けてしまったようで
つねにのどがカラカラ。。。。
自家製柚子茶、金柑シロップ・・・いろんなホットドリンクで
のどを潤おそうとしたり。
写真の青りんごも、爽やかな酸味が口の中を潤おしてくれます。
青りんごの「グラニースミス」という品種は
あまり出会ったことがなかったけれど、
紅玉のような酸味が強く、シャキッとした歯ざわりが気持ちいいりんごです。
新婚旅行でスイスを旅したとき、ちいさーな果物屋さんの店先で
りんごを夫とひとつずつ買って、ジーンズでふいて
シャクッと丸かじりしながら、歩きました。
そのときもこんな酸味の良く効いたりんごで
美味しかったのを思い出しました。

       緑釉八寸丸皿
       直径約24cm×高さ3cm
       ¥ 5,000

[PR]
by masiko-hashicco | 2008-01-31 15:50 | ・ 緑釉 | Comments(0)

お楽しみ

e0103740_16221999.jpg

2ヶ月ぐらい前から、夫と私のお楽しみの場所が出来ました。
”笠間市立図書館”。
ずっと前から存在は知っていたのですが、
今までの図書館の硬いイメージが邪魔をしていたのと、
娘が小さいときは、騒いだりするのも気にかかって
なかなか足を運ぶ気になれませんでした。
最近、いろんな絵本を貪欲にご所望の娘。
以前このブログに載せた、「まーしこむーしか文庫」を紹介してくれた
ママ友が、この図書館は、「絵本がいっぱい借りられるよ!」
と言っていたので、行ってみたのです。

(* 笠間は茨城県ですが、益子からは宇都宮へ行くより
   近い距離です。
   笠間にもお取引のお店がありますので、なじみの町です。)


明るくてゆったりとした空間は、子供もリラックス。
多少騒いでも気にならないおおらかな空間です。
気になった本や雑誌を、ちょっと腰掛けて広げて見る
ソファーやイスも充分あり、くつろぎながら本を選ぶことが出来るのです。
いつもあわただしく過ごしている私たちのホッとできる場所を見つけた、というカンジ。

最初は娘の絵本のために始まった図書館通いでしたが、
今は夫の資料ももちろんのこと、私の料理やインテリアの参考書
DVD、ビデオ、CD、夫はマンガまで・・・
図書館用のトートバックを2つにして
ギューギューにつめて帰ります。

e0103740_1639435.jpg休憩コーナーは
オープンエアの部分もあり、
お弁当持参で来たら、
一日中入り浸っちゃいそうです。


e0103740_16424780.jpg

娘が映画を見られるような歳になったら、
絶対見たかった「ET」。
お金を出して「つまんなーい、、」と言われたら
困りましたが、図書館で借りられました。
「ET」は娘の心をしっかりとつかまえました(笑)
念願かないました☆

[PR]
by masiko-hashicco | 2008-01-27 16:46 | 日々 | Comments(0)

柿釉赤絵ふた物

e0103740_10324649.jpg

友人宅に山椒の木があって、
その木から採れた山椒の実を使った”ちりめんの山椒煮”を
頂いたことがありました。
それが、ふつうの”ちりめん山椒”より山椒の実が多くて
辛味がぴりりとよく効いていて美味しかったので、
また山椒の実が採れたら、分けてくださいな、
とお願いしてありました。
そして山椒の実は約束どおり、我が家に来てくれたのですが・・・
かわいそうに、ずっと冷凍庫に入れっぱなしでした。
やっと重すぎる腰を上げて・・・・

e0103740_21405280.jpg


その爽やかな辛みは、うどんのときに時々つまむと、
いい感じに、薬味になります。

[PR]
by masiko-hashicco | 2008-01-23 10:31 | ・ 柿釉 | Comments(0)

パンドムシャムシャ

e0103740_14535891.jpg


以前、ひとつ新しいパン屋さん をご紹介しました。
今日はまた違うお店を。
pain de musha musha(パンドムシャムシャ)
数年前からOPEN。
女の子一人で、酵母を育てるところからやっている天然酵母のパン屋さんです。
しっかりとした歯ごたえと香りのよさが、お気に入り。
娘もそんなかみ応えのあるパンが、大好きです。
益子の街中に出かけたときにしか買えないので、
ご希望のパンが焼ける時間には、なかなか行けないのですが、
行った時にうれしい出会いがあるので、それを楽しみに。
これは先月、12月に出会えた、雪だるまぱん・他・・・

e0103740_0335743.jpg

昨日は・・・
クルミが入ったパンを2種類買いました。
あとは、マッシュポテトパンと
ねずみパン
(ねずみパンの中には、
イチゴのクリームチーズが入っていました♪)



東京の生活から、益子に引っ越してきたときは
”何にもない”という気がして東京シックにかかっていましたが、
その一番の”何もない”感は、
美味しい手作りパン屋さんがなかったことでした。
今では、美味しいパン屋さんがあちこちに出来てきて
うれしい限り。
ちかぢか、また新しいパン屋さんを紹介できるかもしれません。
お近くの方は、期待を☆


e0103740_0514796.jpgトップのパンが載っているお皿は、
秋の陶器市で購入した
長森栄子さんのお皿です。
娘に夫の作品だけでなく、
もう少しかわいげのあるものもと思い
昨年買い求めた のですが、
この不思議な感じの色合いに
私がはまってしまっています。
(上がリスで、下がカピバラ)

[PR]
by masiko-hashicco | 2008-01-19 00:12 | ましこたより | Comments(2)

はつゆき

e0103740_10444847.jpg


朝起きて、何気なく外を見たら・・・外が真っ白でした。

雪が降るなんていってなかったのに。

うれしいびっくり!

こんなに寒い毎日なのに、なかなか雪が降らないな、

とちょっとがっかりしていました。

秋田生まれの、それも大雪の年に生まれた私は

冬に雪がないのはどうにも寂しいです。

寒いはずなのに、雪が降るとちょっと心がほっこり温かくなる

いつもそんな気がします。


e0103740_10484480.jpg

朝、なかなか起きない娘も、

さっさと着替えて

雪遊び。

雪よありがとう!!

[PR]
by masiko-hashicco | 2008-01-17 10:50 | ましこたより | Comments(2)

ふくれみかん

e0103740_18545733.jpg

小さなみかんを頂きました。
娘の自転車のかごに入れてくれたとき、きんかんかと思いました。
でも、”ふくれみかん”というれっきとしたみかんだそうです。
すっぱくって、さわやかな味です。
焼き〆の台皿の左側に乗せてあるのが、ふつうのみかんのSサイズ。
小さいのに、何で”ふくれみかん”(??) かわいいですね。

この連休は、13日も14日も嬉しい予定外。
娘のところに小さなお客様がきて、にぎやかでした。
隣近所といっても、ウチの場合、すぐ隣ではなくて、ある程度歩くので、
「こんどはうちにおいでよ!」と子供どうしの約束は、
けっこう歩いて運動になります。
特に、このみかんを頂いた家は、娘が赤ちゃんのとき、バギーを押して
行くのは結構しんどかったのです。
でも、子供たちも成長しました。今は、自転車をこいで行けます。
だいぶ楽になったものだ、と思いました。


昨日は、夫も珍しく、夕方から宴会のお誘いがあり、行っていました。
あの濱田庄司氏のお孫さんの友緒さんが発起人となり、
夫もお世話になっている、器店”佳乃や”さんご縁の作家さんたちに声がかかり、
「佳乃や倶楽部」という集まりが始まりました。
昨日がその第1回。顔見せ。
各自、自作の抹茶碗と、作品にお料理を盛り込んで、持参とのことで、
益子の大先輩方々の席に、私のつたない料理なんぞ
どうしたものかいな~~??
と悩んでしまいましたが、マッシュポテトと、あとひき大根は
皆様方のメイン料理のはし休めにちょうど良かったらしく、安堵しました。

一番若造の夫が上座に座らされてしまったようですが、
益子の大先輩方と和やかな宴だったようで、
真夜中・極寒の中の自転車こいでの帰り道も足取り軽かったようです。

この先この「佳乃や倶楽部」、どういう展開になっていくのでしょうか?
楽しみです。


e0103740_035246.jpg
            焼き〆台皿(コンポート?)
            直径・約21cm×高さ・約6cm
            (価格未定) 
* 焼き〆の器は、カサカサしていて使いにくそう?
     いえいえ結構染込みもなく使いやすいです!

[PR]
by masiko-hashicco | 2008-01-15 19:05 | ・ 焼き〆 | Comments(0)
e0103740_1638356.jpg

2007年3月13日の記事に、ポジャギがスキ☆
と書きました。

年末に餅つきのお誘いにお邪魔したご近所の漆芸家さんのブログに、(→槍沢たより
ポジャギの意匠を取り入れた、素敵な作品が掲載されたので、
またまた書きたくなりました。

e0103740_1714580.jpg

3月13日の記事にも登場した、夫の同門先輩のAさんから
”The Museum of Korean Embroidery”(韓国刺繍博物館)の図録をお借りしていて、
その手仕事のすごさに感服しています。


私が好きなのはここの最初に載せた3枚のように
透ける布のパッチワーク、苧麻チョガッポですが、
この図録には、ため息が出る刺繍作品の数々が・・・
e0103740_1719133.jpg

指貫や、くつにも・・・かわいい!!
(カンタンにかわいい!などと言ってはいけない手のこんだ仕事です!)
e0103740_17284944.jpg


ふと、「あれっ??」 と思いました。
日本の刺繍の技術もすごいはず。
日本でそれを目に出来る場所ってあるのでしょうか??
もっとそこんところも勉強しなくては、と思った2008年初春でした。


[PR]
by masiko-hashicco | 2008-01-12 16:39 | 日々 | Comments(0)
e0103740_1128176.jpg
昨日、今日とぽかぽか陽気で・・・ホッとしています。

焼き物作りの仕事は、暑いのもつらいけど、
寒い時期が非常につらいです。
氷の張った釉樽に手を突っ込まなきゃいけなかったり、
キンキンに冷えた土をこねなきゃいけなかったり・・・
朝の仕事場もなかなか温まらないので、
首をすくめながらの仕事をしていると、だんだん肩も凝るし・・・
あかぎれも痛いです(泣;)

それに我が家では毎年正月恒例の
”正月に胃腸炎にかかる”というのに
またもやなってしまいました。
大晦日から娘がなんだかへんだと思ったら、
2~4日ぐらいは私に、
そのあとうつった夫が一番ひどくて(もともと胃が強くないのです。)
いまだに本調子ではなく・・・

それでも代わりに仕事をしてくれる人もいないので、
おかゆを食べながら、
寒さをこらえて3日からお仕事始めております。

胃腸を攻撃したのは・・・”ノロウィルス”。
ウチは、気をつけていたのですがね・・・
お正月、ご馳走をたくさん食べましたか??
胃腸が弱っているかもしれませんよ。
皆様もお気をつけて~!!

頑丈な胃が自慢だった私もめっきり自信がなくなっているこの頃です。

正月早々、「泣き」の始まりでスミマセン。。。


土や釉薬作りの地味な仕事からの始動。
寒い仕事が多いです(ぶるっ、、)

e0103740_11402473.jpg


緑釉のための木灰を漉しているところ

e0103740_11413796.jpg


水簸した土の水切り
e0103740_11421958.jpg

[PR]
by masiko-hashicco | 2008-01-09 11:28 | お知らせ | Comments(2)

謹賀新年

e0103740_22113962.jpg

           2008年もよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by masiko-hashicco | 2008-01-01 00:00 | 日々 | Comments(4)

作陶家・岡本芳久の妻のひとりごと 益子のはしっこの山の中から岡本家の日常をつづります。


by masiko-hashicco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31