<   2007年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

而今禾展

e0103740_10221525.jpg而今禾の本
先週金曜日、大雨の中、益子のうつわショップ もえぎ(城内坂店) に 「而今禾(ジコンカ) 展」を見に行ってきました。

(展示会の様子は、もえぎのブログでどうぞ!)


e0103740_10231571.jpg夫の敬愛する作家さんの器もありました。

而今禾」は三重県の鈴鹿にある器や古物を扱っているお店で、
夫の敬愛する作陶家R・A氏(故人)をネットで検索していたら
見つけたお店で、興味があったのですが、
まさか益子で而今禾と出会えるなんて、思いもよらず、
喜び勇んで行ってきました。 

(後で、もえぎさんと縁深い友人に聞いたところ、而今禾さんは何度か来ている
とのこと。知らなかった・・・・)



益子に来ているのは、古物ばかりで、作家さんの器はありませんでしたが、
古物好きの私たちは、十分楽しかったです、
なんといっても、三重から持ってきたのに、このお値段でいいの??
という安さで、(益子の古道具屋ははっきり言って、高い!!
おもわず、 ”はこ” 買っちゃいました。

e0103740_10372193.jpg

三重のお店にも行ってみたいなぁ・・・


「而今禾 展」 は6月7日までです。 



*因みに、我が家はおととい娘の遠足で茨城のひたちなか海浜公園&お魚市場に
行ってきて、ホントに久しぶりに海を見ることができました!うれしい!! 

[PR]
by masiko-hashicco | 2007-05-31 10:37 | ましこたより | Comments(0)

土堀り

e0103740_10125335.jpg

本日、夫は益子の作家・有志10数名にて、
茨城のとある場所へ土堀りに出かけました。

土モノ(陶器)の作家にとって、やはり 「土」 は命題。

道もないような山に分け入って、土の入った重い袋を
担いで下りてくる10数名の男たちを想像してみました。。。。

ただお茶を、ただ飯を、ただの何かを盛るためにある器。
そのために、自分の納得いく「土」から探して・・・

やきものって、ただならぬ?モノ・・・

[PR]
by masiko-hashicco | 2007-05-28 10:24 | お知らせ | Comments(0)

お茶、頂いてきました。

現在、開催中の宇都宮・ギャラリー淡風荘の「煎茶のうつわ展」に行ってきました。
e0103740_9192386.jpge0103740_9193644.jpg
新緑の静かなお庭を眺めながら、美味しい煎茶を、店主・庄司さんがコレクションしているいろいろな煎茶急須で煎れていただきました。
以前は他のお仕事だったという庄司さんですが、趣味が高じて焼き物のお店を始めたそう。
そういう方々は、やはり自分が集めたモノ・知識を、訪れた人たちと共有したいという思いがあるようです。何杯もお茶を頂きながら、あれこれお話がつきません。
たまに宇都宮に出かけたから、他にもどこか・・と思っていましたが、あっという間に益子に戻らなければいけない時間(娘のお迎え)になってしまいました。

静かに時間が流れているギャラリーの雰囲気、カメラに収めるつもりだったのですが、話に夢中になっていて、帰り際にあわてて撮影したので、こんなんだけ。
古い民家をギャラリーにした、落ち着いた空間でした。



e0103740_15571624.jpg      
  5月18日(金)~5月27日(日) 
  宇都宮・ギャラリー淡風荘
  企画展
   『煎茶のうつわ展 ~ 新茶の季節を迎えて』
                      開催中!
[PR]
by masiko-hashicco | 2007-05-25 09:17 | Comments(0)

タイムリー!

昨日は夫の故郷・淡路から、今日は私の故郷・秋田から
母たちの心づくしの救援物資が届きました。

淡路からは、りっぱな!ソラマメ
e0103740_21431890.jpg
前からやってみたかった、サヤごと丸焼きやってみました。
蒸し焼き状態になるので、ゆでるより甘みがありました♪
e0103740_21452470.jpg


そして、今晩のもう一品は・・・
e0103740_2147163.jpg
                 ”じゅんさいと長イモそーめん”


5月18日・ピクルスを作ったときにご紹介した「WaSaBi」という雑誌に
ちょうどこのレシピも載っていて、”じゅんさい”が秋田から届くときがあったら
是非作ってみようと、チェックを入れたところでした。
せっかくの食材・生のじゅんさいを、なるべく美味しく食べたい!
と思い、今日は珍しく、ちゃんとダシをとり、冷やして・・・
益子の山奥で、京都の老舗料亭「菊乃井」・村田吉弘さんの
レシピがいただけるなんて!!シアワセ!!!

今日の献立は、この他にもう一品、同じく村田さんご教授の”新ごぼうの煮物”を。
「WaSaBi」6月号のテーマのように、”初夏のさわやか野菜を味わう”
ことができました。感謝☆☆☆


*器は、焼きソラマメは、岡本芳久作・焼き〆高脚鉢。
     じゅんさいと長いもそーめんは、伊藤亜木作・ガラス小鉢。



[PR]
by masiko-hashicco | 2007-05-20 21:49 | 日々 | Comments(4)

お弁当の日

e0103740_124976.jpg
 娘の通っている保育園では、毎月1日だけお弁当の日があります。
「お母さんの味の日」と銘打ち。
他のお母様たちはどんなお弁当作っているのかわかりませんが、
以前聞いてみたお母さんは、「冷凍食品いろいろつめるだけだよ!」
なんて言っていました。ホントかなぁ??謙遜???
面倒なのは確かなのですが、月1回だけ、母である私にも、
”こどもの喜ぶお弁当”という宿題が出た!という気分でちょこっとチャレンジしています。
なんでもガツガツ食べてくれる子だったら、凝ったお弁当も要らないのでしょうが
食が細い娘なので、(好きなものばっかり入れてやるのも手ですが)
ちょっとがんばってみようかな、と思うのです。

今回は、上の写真のような(?)お弁当にしました。
もうコイノボリは終わってしまったけれど、5月だから・・・
コイノボリのしっぽが焦げたり、ウチのハムはピンクじゃないから”吹流し”が地味だったり
しましたが、おおむねこんな風に出来上がって・・・??

でも、朝娘が起きてきて、「こんなんできましたけど。」
と見せたときのリアクションの悪さにガッカリ・・・
「あーちゃん、からあげがよかったな。」などと。。。(悲;)

お迎えに行ったら、今日はお弁当を持って保育園を出て、公園に行って遊んだとのこと。
”お、じゃあからっぽ??” 
という期待は・・・・・・・・(空しい。。。)

[PR]
by masiko-hashicco | 2007-05-19 11:59 | 家族 | Comments(0)

茶器あがりました!

e0103740_21553798.jpg
18日からの企画展の茶器が出来上がって、今日午前中、ギャラリー淡風荘のご主人に引き取られていきました。
ポットたちはみんなちょっとずつかたちが違っています。
注ぎ口やフタもそれぞれ・・・
G淡風荘のご主人とお話したのですが、この頃若い人たちは日本茶を飲まないようだと。
だから、急須を持たない人が多いとか。珈琲、紅茶にこだわる若い人は多いけど、日本茶はこだわらないのかもしれませんね。
夫は珈琲、私は紅茶が大好物ですが、緑茶も大好きです。
おいしい緑茶を飲んだ後の清清しい甘みが、幸せです。
それに、和菓子には、やっぱり渋めの緑茶が必要です。

是非、とっておきの緑茶用の茶器を見つけてください!

柿釉赤絵のも出来ました。 e0103740_22105756.jpg



e0103740_22121487.jpg
             緑釉・盤 と 藁灰釉汲み出し


      
[PR]
by masiko-hashicco | 2007-05-15 21:57 | Comments(2)
益子の陶器市で、必ず訪れるテント、第2は、
ガラス作家の二人の女性が開いているテントです。
伊藤亜木さんと山口起久恵さん。   (11月8日にもアップしました。)

伊藤さんのは水玉が楽しみだったのですが、ガラス用の炉を作り変えたばかりで
今は水玉はお休みだとか。

今回ゲットしたのは・・・・
e0103740_16112162.jpg

ガラスの中に気泡がたくさん入ってソーダみたいな注器。
何を入れようか全くあてもなく、でも、思わず手にとって離せなくなって買ってしまいました。
今のところ、うっとり眺めています(笑)

もうひとつ、娘のために。
e0103740_22224413.jpg
脚の部分が太くて、カップ部分が小さめな面白いバランス。
華奢じゃないところがまだまだ危険な娘向き。
娘も気に入ってくれました。
ヤクルトも2回に分けないと入らないくらいのかわいい小ささ。
たくさん”おかわり”したみたいで、ちょっとオトクな気分になってます。

注器が山口さんで、ゴブレットが伊藤さんの作品だと思います。たしか・・・
 



 
[PR]
by masiko-hashicco | 2007-05-14 16:02 | 我が家のコレクション | Comments(0)

クループ展があります!

陶器市も終わったばかりですが、
5月18日~5月27日まで、企画展に参加いたします。

e0103740_15163522.jpg


       
       DM裏面より~ 

       企画展 煎茶のうつわ展
        -新茶の季節を迎えて-
       2007.5.18 fri -5.27 sun
        11:00-18:00 会期中無休

         八十八夜も過ぎ新茶がでまわる季節。煎茶を美味しく
         又楽しくいただくための、急須をはじめ、茶托、茶筒、
         お盆など煎茶のうつわを幅広く展示いたします。

          GALLERY 淡風荘
          
           栃木県宇都宮市桜4-16-21
           phone&fax 028-622-3309
           http://www.stjapan.jp/tanpuh/





夫は、陶器市前、久しぶりに急須や土瓶をあれこれ試作しておりました。
水切れのよい口、持ちやすい取っ手、おさまりのよいフタ、つまみやすいフタのツマミ、
つまりにくい茶漉し・・・
実用面だけでも、こんなに知恵を絞らなくてはならない道具であり、
毎日手元にあって、嬉しくなるような意匠を凝らさなくてはならない
作家としてはやりがいのある仕事です。
今回はどんな風に焼きあがるでしょうか??

ご一緒させて頂く作家の方たちは、活躍されている先輩の方たちばかり。
なのに、DMの一番最初に名前が・・・
一度展示会を見に行きたいと思っていた作家さんも参加されるので、
見に行くのが楽しみです!
お近くの方は、是非お立ち寄りくださいませ。

[PR]
by masiko-hashicco | 2007-05-09 15:46 | Comments(0)

陶器市終了しました!

4/28から5/6までの9日間にわたる益子・春の大陶器市が終わりました。
私たち出店者は、準備・後片付けもあり、11日間の長丁場でした。
慣れない販売業務で、暑かったのもあり後半はバテてしまいましたが、
お天気にも概ね恵まれ、無事終了しました。

秋田から、子守りの応援に駆けつけてくれた両親にも感謝。
元気の有り余る娘にお疲れ気味で、最終日終了を待たず、
秋田に帰っていきました。ご苦労様でした。

人出は東京に新しいスポットができたりしたことが影響あるかも。
いつもの年より少なめだったかもしれません。
それでも、足を運んでいただいて、どんどん増殖しているテントの中から
私共のお店を選んでお買い上げくださった皆様ありがとうございました!

益子のお店に置いていただいた夫の作品の売れ行きも好調との報告。
ありがとうございました!!!

毎年、ゴールデンウィークは陶器市で動けない我が家ですが、
皆様方はどのように過ごされましたか?
私もちょっと旅行客気分で陶器市を散策いたしまして、
またまたゲットしたお土産話は、追々・・・・
[PR]
by masiko-hashicco | 2007-05-08 16:11 | Comments(2)

作陶家・岡本芳久の妻のひとりごと 益子のはしっこの山の中から岡本家の日常をつづります。


by masiko-hashicco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31