カテゴリ:・ 粉引( 33 )

もってのほか

e0103740_13564955.jpg









粉引鉄点深小鉢
口径(リム含)14cm
高さ 8cm


日本の伝統的なエディブルフラワー、
食用菊。
つんとした香りがあるから、
娘に初めて食べさせようとした時は、
きっと拒絶するだろうな、と思っていたのです。
たぶん3歳頃だったと思うのですが、
しかし彼女は、私も大好きな菊の甘酢漬けを
気に入ってくれました。
おかわりするぐらいに。。

黄色い菊ももちろん好き。
でも、「もってのほか」はもっと好き☆
淡い紫色の。。

山形が名産ですが、
これは秋田から届きました。
あまりにキレイなので、
しばらく鑑賞。

そして、もちろん甘酢漬けに。
お酢で更に目に鮮やか☆
e0103740_1414376.jpg


*名前の由来は
「天皇の御紋である菊の花を食べるとはもってのほか」とか、
「もってのほかおいしい」といったことから


[PR]
by masiko-hashicco | 2013-09-18 14:20 | ・ 粉引 | Comments(0)

肌寒い益子

e0103740_1128845.jpg











粉引鉄点マグカップ
(*豆皿は山野辺彩さん作



夕べから肌寒い益子です。
グッと秋の気配です。

娘が友達宅へ遊びに行ったので、
今日は細工場に行かない私は、
家の中にぽつりとひとり。。

やることはいっぱいあるけど、
ひさしぶりにひとりの空間で、
鳥の声、虫の声を聞いている。

今日は体が暖かい飲み物を求めているので
自分の1杯のためにお湯を沸かした。。

秋田で札幌から帰省していた叔母に
いただいたお菓子が、
冷蔵庫に数種鎮座。
今ごろ、札幌で、お客様の髪に鋏をあてて
高らかな笑い声を上げているかな、
と思い浮かべる。

元気出していこう。。

また明日も暑くなるのかな?
[PR]
by masiko-hashicco | 2013-08-25 11:38 | ・ 粉引 | Comments(0)

サザエさん

e0103740_13443370.jpg










粉引洋角皿



チョコレート味のサザエさん一家。
[PR]
by masiko-hashicco | 2012-09-08 13:45 | ・ 粉引 | Comments(0)
e0103740_10214341.jpg








白釉リム鉢
見込直径(リムを含む)15cm
高さ8cm



お天気くるくる変わりますね、このごろ。。

夕べは、聞いたことがないような雷鳴で夜中起こされ、
怖くてなかなか寝付けませんでした。
益子の竜巻被害もありましたので、
自然の怖さが身にしみています、、

震災の復興まだ途中だというのに、
試練が重なる益子です。
直接被害がなくても、ガックリ来ている方もいます。
また気持ちが落ち着いたら、ゆっくり出来ることからやっていきましょう。



そんなことで、お知らせも遅ればせながら。。。
お天気が不安定でお出かけの足が鈍った感のある
水戸・うつわや 季器楽座さんでの展示会、
延長していただいております。
27日(日)まで見ていただけますので
会期中行けなかった!という方まだまだどうぞ!!
[PR]
by masiko-hashicco | 2012-05-18 10:39 | ・ 粉引 | Comments(0)

体を温めましょう!

e0103740_922928.jpg







内粉引湯吞
見込み直径約8cm×高さ約6cm




土曜日の夜、皆さんは皆既月食ご覧になりましたか?

いつもならもうふとんに入る時間でしたが、
ちょうど我が家では、飲み会してました。
来客たちも入れ替わり立ち替わり外に出ては、
美しい天体ショウを見ていました。
オレンジ色になった月、キレイでしたね☆

月も肴に、友人が連れてきた初めてのお客様とも
久しぶりに深夜まで話し込み・・・
風邪をひきました、、、

栃木の名酒「鳳凰美田(ほうおうびでん)」の
酒粕が手に入ったので、甘酒を作ってみました。
甘酒は本当は苦手、なのですが、
おいしいお酒の酒粕を使うとこんなにも違う♪
と実感。
昨日はショウガ風味。

今日はゆずの皮を浮かべて
フルーティに。
ポカポカしますよ〜。
風邪も飛んでけ〜!!

e0103740_9334982.jpg


↓このようなレシピを参考にしました。

甘酒の標準レシピ1
【お酒でいえばフルーティな吟醸を好まれる方用】
 原料
 酒粕200グラム(吟醸粕か香りのある板粕) 水1L 
 砂糖(上白糖か三温糖、個人的には三温糖がお奨め)30グラム以上
 30グラム程度で缶コーヒーでの微糖くらいの甘さかと思います。資料によっては100グラムを標準としておりますのでお好みで、
 塩(ごくわずか)
 和系の柑橘類。(かぼす、ゆず等)
 吟醸酒(わずか)
 
 水に酒粕、砂糖を加えて溶かしながら加熱し、ごくわずかの塩を加える。
 沸騰したらわずかの吟醸酒を加えて再沸騰させ
 器にはあらかじめ柑橘類の皮を器に薄切りしておき、熱々の甘酒を加える。
 (柑橘類が多すぎると柑橘のフレーバーしかしないので注意)

甘酒の標準レシピ2
【よりコクがありまろやかな味を好まれる方用】
 原料
 酒粕250グラム(吟醸粕か板粕、どちらかといえば板粕)
  水1L 
 砂糖(上白糖か三温糖、個人的には三温糖がお奨め)50グラム以上
 資料によっては100グラムを標準としておりますのでお好みで
 塩(少々)
 しょうが(お好みで)
  
 水に酒粕、砂糖を加えて溶かしながら加熱し、塩で味を整える。
 後はひたすら弱火で長時間煮込む。煮込むと確かに味はまるくなります。
 こちらは旨みがある方がよいのであえて普通の純米酒あたりの粕はどうでしょうか?


[PR]
by masiko-hashicco | 2011-12-14 09:34 | ・ 粉引 | Comments(0)

粉引の角皿

e0103740_10231815.jpg









粉引角皿
約12×18cm
高さ約3.5cm


17日・土曜日より佳乃やさんでの個展始まっております。

初日から3日間のお天気は、真夏並みでした、、
佳乃やまで辿り着いていただけると、
お庭の木々も手伝って、店内も静かで涼んでいただけます。

益子焼共販センターの北側駐車場スペースで
この3日間行われていた「さんぽ市」のほうは、
テントの中の作家さんたちは、大変そうでした、、
友人の陣中見舞いに行ってみましたが、
テントの中の日陰の中とはいえ、
3日間30度以上の野外にいるのはキツそうでしたね。
春の陶器市でも、異常気象で真夏のような陽気の時がありましたから
大変さはよく身にしみています。
皆さん、お疲れさまでした!!
遠路はるばる出展された方々帰路だいじょうぶでしたかねぇ・・・

昨日夕からは、涼しい空気と入れ替わり、
今日の益子は、小雨模様。
過ごしやすくて、仕事もようやく集中できるようになってきました。
ヨカッタヨカッタ。
(西日本の台風の影響が心配なので、手放しでは喜べませんが。。。)

岡山在住の甥っ子(大学4年)が、娘に " きびだんご " を
送ってきてくれました。
(五味太郎さんのイラスト包装がとってもカワイイ!)
娘に " きびだんご " を分けてもらって、
力つけてガンバリマス!

10月1・2日は益子のつくりてだけの「益子市」


e0103740_1024043.jpg

 この構えが
「入りにくい、、」
「正装しなくちゃ行けない」
 などと、友人知人に
 よく言われます。
 敷居の高さを
 感じさせているようですが、
 心配無用です。
 「佳乃や」さんの
 ご主人も奥様も
 気さく方々ですので、
 楽しく焼きもののお話し、
 してみて下さいね。
 お気軽にお入りください!

 夫の「佳乃や」さんへの在廊は、
 9/23・24・25(午後)を予定しています。
 もっとくだけた話をお望みなら、
 この日を狙って下さいませ。。


e0103740_11401615.jpg 2011年9月17日(土) 〜 10月2日(日)

 Okamoto Yoshihisa Exhibition


        会場 佳乃や
          (栃木県芳賀郡益子町益子3169-1)
        OPEN 10:00 〜18:00
          (会期中、無休)
         TEL 0285-72-8717
[PR]
by masiko-hashicco | 2011-09-20 10:24 | ・ 粉引 | Comments(0)

5月23日月曜日

e0103740_10103334.jpg












粉引飯碗
見込み直径11.5cm
高さ7cm



今日もモッチリふっくら、玄米オイシクタケタ!

いろんなことあっても
お米があれば、日本人でヨカッタ
と思える。

また1週間ガンバロウ!!









 
 

[PR]
by masiko-hashicco | 2011-05-23 10:16 | ・ 粉引 | Comments(2)

e0103740_10592892.jpg








粉引鉢
直径約21cm×
高さ約8.5cm



北の方の方々、
大雪お見舞い申し上げます。
毎日の雪かき、本当にご苦労様です!!


週末は、益子もまとまった雪が降りました。

2日経った今でも少し残っています。

昨日は、益子の奥まったところにある
"もえぎ本店"に、納品があって行ってきたのですが、
"茶力経ケ坂"という料理屋さんがある
坂道を越えて行くところで、
上りきったところで雪が全く溶けていなくて
先がどうなっているかわからないので、
スタッドレスをはいていないマイカーでは
先に進んで下って行くのが怖くて
引き返してしまいました。
平らな道を遠回り。。。
無事に納品。

雪国ではないので
スタッドレスに履き替える
タイミングが微妙ですが、
今シーズンは早めに、が正解でしたね。
昨日午後、履き替えて、一安心。

自動車がないと生活が成り立たないので、
雪は、ちょっとコマリモノなのですが、
雪は大好き☆
雪が降り続く時の、シンシンとした静けさが好きだし。
雪に包まれていると、寒いんだけど、
なにか暖かいような・・・かまくらにいる時のように。

今回、展示会にでている
粉引の器たちも
雪がやんで、青空!という
益子の雪のような感じです。
[PR]
by masiko-hashicco | 2011-01-18 11:23 | ・ 粉引 | Comments(4)

明日から

e0103740_9351480.jpg






粉引飯碗

昨日アップした水色釉の花入れ。

独白の、「雪の上に置いてみてみたい」
という希望を、うつわ茜さんが早速
実現させてくださいました☆

輝く新雪の上!
キレイです♪


最後の窯出しのあと、
大急ぎで粉引の作品の
写真を撮ったおととい。

とてもイイカンジのマットに仕上がった
粉引きの作品たち。
ちょうど、秋田行きの段ボール箱の
ストックのところがいい光線加減でした。
e0103740_9405383.jpg


包む寸前、
片口とぐい呑み。。。

秋田ではこれから
きりたんぽ、しょっつるなどの
貝焼き(かやき=鍋のこと) を
囲みながら、
こんな酒器でグビグビ・・・

のどがなりそうです(笑)



マグカップや鉢なども
窯変が面白いところもありまして、
よおく見てもらいたいですね。

秋田へは、大事に包んで、
第1陣と2陣で、計11箱
到着しました!

秋田の皆さんに
楽しんでいただければ、
と思います。
e0103740_9444287.jpg

[PR]
by masiko-hashicco | 2010-12-01 09:49 | ・ 粉引 | Comments(0)

ましこのりんご

e0103740_9311674.jpg










粉引黒斑線刻鉢
直径約28cm
高さ約6cm


益子の中でも、我が家のある山本地区は
農村地帯で、様々な農産物が作られています。

生産者の方と、直接お話ししながら
出来たばかりの自然の恵みを買うことができる、
それがなんとも幸せなことだと思っています。

今、山本の"広田果樹園"では、リンゴが
食べごろです☆
お菓子づくりの好きな人が多い益子では
「紅玉」が人気で、予約制。
早くも売り切れです。

この果樹園では、
たくさんの種類のリンゴを栽培していて、
11月中旬まで、リンゴの味の違いを
楽しめるんですよ♪
果樹園前で、その日のオススメのリンゴを
試食して、買うことが出来るので
この時期、益子の旅の計画をされている方は
是非お土産にどうぞ!!
[PR]
by masiko-hashicco | 2010-10-15 09:41 | ・ 粉引 | Comments(4)

作陶家・岡本芳久の妻のひとりごと 益子のはしっこの山の中から岡本家の日常をつづります。


by masiko-hashicco
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31