新茶のためにおひとつどうぞ

e0103740_1631437.jpg







緑釉豆皿(本)
白釉汲出し

 nushisa さんでの展示会は今日からです。

新茶飲んでいますか?

nushisa さんでも6月11日(水)には、新茶実演試飲会
催されるようです。
茶葉専門店「茶のしずく」のお茶インストラクターの方が
淹れ方を教えてくださるそうですよ。
楽しみですね☆

e0103740_16412237.jpg我が家も、
夫の先輩宅の緑茶が美味しいので、
毎年同じところから
取り寄せをお願いしています。
自園の茶葉のみを使って仕上げられた、
”自然農法茶”。
今年も少し前に届けていただきました。
「あ、濃く淹れすぎちゃった・・・」
と思っても、あまーいんですよ。


     

                   二彩タンブラー


今回の展示会には新茶を意識した湯呑・汲出しを出品しています。
二彩のタンブラーは、がぶ飲み派にいいかもしれません。
冷茶、アイスコーヒー、アイスティー。
もちろん焼酎カップ・ビアカップにも。
e0103740_1648324.jpg


水色釉湯呑

白釉汲出し


この2点は緑茶の緑が映えますよ。


e0103740_16515286.jpg

            ヌカ釉・黒釉掛け分け湯呑


コチラは渋め。
心の赴くままにろくろをひいて・・・
一点一点高さも大きさも少しずつ
違っています。
手になじむものをどうぞ。


私も、今回焼きあがってハレの舞台の旅立ちに同行させてもらえなかった
”白釉汲出し”、ひとつ使い始めました。
お茶の器は、毎日毎日使うもの。
茶渋も染みますね。
陶器の茶器は、買ってから使って、どんな風に育っていくかも、楽しみなのです。




[PR]
by masiko-hashicco | 2008-06-07 17:10 | Comments(0)

作陶家・岡本芳久の妻のひとりごと 益子のはしっこの山の中から岡本家の日常をつづります。


by masiko-hashicco
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30