秋田のお土産

e0103740_11185069.jpg





”うさぎ兎” 
 (菓匠 不老庵)


秋田のお話は、やっぱりお土産で締めくくります。

秋田市はお殿様が京都と縁のあるお方だったとのことで、
けっこう雅な(?)お菓子もたくさんあって、
老舗のお菓子屋さんも数々あるのですが、
子供の頃から知っている伝統的=定番のお菓子は
今回はすみません。パスです。
今回の秋田の帰省は、旅気分を味わいたく、
新しめの味を発掘してきました。

9日にご紹介した「グラススタジオ・ヴェトロ」さんから教えていただいた、
「菓匠 不老庵」に行ってみました。
e0103740_11363598.jpg

 菓匠 不老庵
  秋田市広面字蓮沼21-1 
  tel 018-887-3838
   am9:30~pm6:00 
   (毎月第一、第三日曜定休)

 まず目に入ったのは、創作上生菓子。
 私の母は、「茶席に合いそう・・」と吟味。
 蒸し饅頭、大福、ゴマ餡もち、ゆべし、羊羹、おせんべい、もなか・・・
 伝統的な和菓子が品良く並んでいました。 
 秋田に住んでいるなら、たびたび通いたくなるような。
 応対してくれたおかみさんも上品で、親切な方で、 気に入っちゃいました。
 こんなお店が益子にあったらな・・・なんて。
 いいトコ教えてもらっちゃったな☆

 どれも美味しそうなのですが、今回は”日持ち”を考慮して、
  うさぎ兎     (かわいい紅白のうさぎをあしらった和三盆の押し物)
  福々せんべい (不老庵名物のふやき煎餅。ふわっとして、さくっとして♪)



e0103740_11574323.jpg我が家用には、お菓子だけでなく、
おかず的なものも欲しいな、
ということで、出かける前に
偶然本屋さんで立ち読みした
”お取り寄せ”の本に載っていた、
「嶋田ハム」を買いました。
本場ドイツ仕込の本格派ハムです。
スモークが効いた
スモークロースハム
美味しい!!


e0103740_128407.jpgお次は・・・
6月7日~6月22日
 埼玉 「NUSHISA」 
での展示会で
味わっていただけることになった
生もろこし です。

 唐土庵(もろこしあん) いさみや
秋田のお菓子といえば、小豆とお砂糖を落雁のように型抜きして
焼き上げた”焼きもろこし”が有名ですが、
ここのお店は、焼いていない”生もろこし”がありまして、
緑茶によく合うと、どなたに贈っても喜ばれます。
「NUSHISA」さんのお近くの方は、是非こちらも楽しみにお出かけください!

e0103740_12173741.jpgそして・・・
お料理好きな
友人のお土産には、
しょっつる です。

しょっつる鍋は、
基本的に魚介類と野菜を煮て食すものですが、
お肉にもよく合いますし、
炒め物に使うとすごく美味しいので、是非お試しあれ!!
魚醤なので、アジア料理にも、ナンプラーやニョクマムの
代わりにもなりまーす!!



淡路帰省のときにも好評いただいた、
お土産のお話。
今回もがんばってみました(笑)
いかがでしたしょうか?
淡路編同様、秋田に行きたい方が増えてくれるといいな・・・

* 淡路編は・・2007/9/19/69/11 の記事です。
  改めて読んでみて下さい!! 

[PR]
Commented at 2008-05-12 17:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by masiko-hashicco at 2008-05-12 21:39
カギコメさま
???どうしてかなーー?
IP拒否っていうのを全部消去したので、またやってみてください!
Commented by sakusaku at 2008-05-13 10:30 x
私も人のコト言えませんが「せとや」らしからぬ?連休過ごされたようですね☆
2か月分、とっても楽しく読ませていただきました。
パパダニエルは近くなのですが食べたこと&行ったことなくて、、
今度ベビーカーで、ちょっと遠目のお散歩で行ってみます!
カヌレ、他のお店とは違いますか?

「世界の朝ごはん」、私もあの時間は誰にも譲らないの☆
特にアジアの奥深さ、繊細さ、という底力を感じます。

テントで見かけのはご主人だったのかしら~??
イメージは大学生?!タイプだったのですが
ちょっとワイルドな感じ☆
Commented by masiko-hashicco at 2008-05-14 09:30
sakusakuさま
コメントありがとう!入ってよかった(ほっ。。)
お散歩で「カヌレ」が買えるなんていいな!益子は選択肢が少ないので、つまらないです。”かわいくて、おいしいもの”欲がいつも満たされなくて欲求不満なのです。「カヌレ」も東京に住んでいればあちこち食べ比べたりできるのでしょうが、カヌレに出会ったことがほとんど無く・・・
先日、先輩のお宅に行ったら茂木で買い求めてきたという「カヌレ」を頂きましたが、それもけっこう美味しかったです。”パパダニエル”の「カヌレ」
は、プレーンとチョコを頂いたのですが、大人のお味で、娘はあまり口にせず、そのときばかりは私と夫で娘のいぬ間にゆっくりお茶の時間に頂きました。
テントで見たのは、多分となりのテントの子だったのではないかと思います。どうひいき目に見ても、大学生には見えないと思うので。ワイルドでもないし(笑)26日はふたりでテントにいましたが、他の日は交替で店番でした。今度ご紹介できるといいのですが。秋の陶器市には是非!
by masiko-hashicco | 2008-05-12 12:02 | 日々 | Comments(4)

作陶家・岡本芳久の妻のひとりごと 益子のはしっこの山の中から岡本家の日常をつづります。


by masiko-hashicco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31