2008.4.8大雨

e0103740_1056629.jpg
本当は、昨日焼くはずだった我が家の角窯(薪窯)。
昨日の風雨にあきらめまして、本日やっております。
私は、朝から、夫と兄弟子のAさんの”小腹すき”対策のため、
蒸しパンとシナモンロール作って、お昼のカレーを煮込みに入り
ほっと一息ついたところです。

また午後にでも、薪くべの様子など、取材したらUPしたいと思います。

おととい7日にはこんな風↑に、窯詰めしておりました。



e0103740_13425384.jpg
器ひとつひとつに小さな”お団子”を3~4個つけて棚板においていきます。
裏まで釉薬をかけるので、棚板にくっつかないようにするためです。
くっつき防止には、もみがらを敷いたりもします。
団子作りを手伝いつつ、窯詰めの様子を観察。
やっぱりガス窯のときの窯詰めよりワクワクします♪

e0103740_1193719.jpg


といっても・・・・
7日に開けた、よく働いてくれるガス窯君(小)では、
こんなにいい感じに、ワラ灰釉が焼きあがっていました。  



e0103740_11171283.jpg
昨日は、寒かったので、おやつは、
多分今シーズン最後のお汁粉を食べました。

以前”あわじスティック”をご紹介した
淡路島の御菓子処 「長手長栄堂」 の”オレンジしるこ”です☆
暖かい日ばかりだったので、この御菓子、食べあぐねていました。

オレンジの形をした最中の皮を、ぱかっと割って、
中の粉末状のあんをお碗に入れ、熱湯を注ぎ、
オレンジ形最中の皮を浮かべます。
最中の皮がだんだんとろーんとふやけてきて
それをつるりとすくいながら食します。
あんの中にはオレンジピールも2かけほど忍ばせてあり、
娘は「かたっ! みかんのかわがはいってた・・」
と、吐き出そうとしたのですが、
「それも食べられるんだよ!」と言ったら、
恐る恐る噛んで、「うん、おいしい!」などとおしゃまに答えておりました。

冷えた体がほっこり温まるかわいいお菓子です。
寒くてよかった。。。

[PR]
by masiko-hashicco | 2008-04-09 11:10 | お知らせ | Comments(0)

作陶家・岡本芳久の妻のひとりごと 益子のはしっこの山の中から岡本家の日常をつづります。


by masiko-hashicco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31