「ほっ」と。キャンペーン

思いどうりにはなかなか・・・

e0103740_1155751.jpg


”やきものつくり”には、こういうこともままある。。。

新しい土を手に入れて、粉引にしようと白泥をかけた。

見事に、バラバラ・・・・

生の生地が乾燥しすぎか??と、もう少しやわらかい状態に白泥をかけた。

でも、またバラバラ・・・

”やきものつくり”には、こんなことがいっぱい。。。

素焼きの段階で割れたり。本焼きで割れたり。

釉薬が溶けなかったり。溶けすぎたり。

思う色が出なかったり。

これは!と思って世に出しても評価されなかったり。



ホントに、”やきものつくり”の世界がこんな世界だとは、

思いもよらなかったです。

[PR]
Commented by sayu @ akita  at 2007-06-19 21:54 x
うわ~!知らなかったです。焼き物の世界がこんなに奥深かったなんて。素人には想像つかないようなご苦労が、ほかにも沢山あるんでしょうね。でも、こんなご苦労を乗り越えてこそ、きっとステキな作品が生まれるんですね。粉引系がすきなので、新作期待しています。ブログで紹介されるのを楽しみにしています。
Commented by shino-pu-093 at 2007-06-19 21:58 x
あはっ・・・ばれたか!    
今年はイチゴを2・3回食べただけでした。
しかし、冷凍庫に去年のイチゴが・・3ジップロックもありまして、
今日、イチゴジャム作りました。 それも三温糖で煮たのでクランベリーみたいな色です。  でも、美味。
これからも、 コメントしちゃいまあーす。

「白泥」・・・私も同じ経験何度も有ります。 めげるな、あーちゃんパパ!
 
Commented by masiko-hashicco at 2007-06-20 17:50
sayuへ
粉引は、乾燥する前の生地に白い泥を掛けるので、リスクの多い仕事です。割れなくても、変形は日常茶飯事です。
他の色も何かとリスクをしょっています。でも、リスクを回避すると、面白味がなくなってしまうわけで・・・作家と名乗る以上、ある程度”らしさ”も出さなくては・・・しかしながら、生活もあるから、面白味ばかりを追求もできないんだけどね。難しいところです。
Commented by masiko-hashicco at 2007-06-20 17:53
shino-pu-さんへ
「coebi」のブログ開設なんていかがですか?
by masiko-hashicco | 2007-06-19 12:01 | お知らせ | Comments(4)

作陶家・岡本芳久の妻のひとりごと 益子のはしっこの山の中から岡本家の日常をつづります。


by masiko-hashicco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28