淡路島は日替わり海水浴

e0103740_10191385.jpg









多賀の浜海水浴場

淡路島での娘の目的は、おばあちゃんと過ごすことと
海水浴!!

今回の帰省の実の目的は、
昨年他界した夫の父の初盆の法事でしたので、
残念ながら海水浴は2回しか行けませんでした。

淡路島は、日替わりで海水浴場が選べるんですよ。
法事を帰省期間の真ん中にして、
法事の前に行ったのは、
淡路の中心・洲本市市街からすぐの"大浜海水浴場"。
夫も子供の頃からなじみの海水浴場で、
今年の猛暑で、ひときわにぎわっていました。
(2008年にも行きました。その時の様子→)

そして、法事の後、せっかくだから
行ったことのない海水浴場で、
瀬戸内海側で、と夫が悩んで選んで行きましたのが、
郡家(ぐんげ)というところにある"多賀の浜海水浴場"。

ここは、町で管理していてキレイに整備されて
安心して泳げるところでした。
シャワーも無料で使えるし、
海の家も、大浜ではおばちゃんおじちゃんばかりだったのが、
ここは若いおにいさんおねえさんがやっていて、
元気なカンジでよかったです☆

この日は、朝からぱらっと雨が降ったりして、
涼しいかな、と思いながら甘く見てしまいました。
昼頃から、刺すような日射しが。。。
お肌の心配な娘はラッシュガードをちゃんと着ていたから
大丈夫でしたが、夫と私は、真っ赤(涙、、)
大浜でも曇っていて何事もなかったので
ちょっと日射しに関して無防備になりすぎました。
やけどしそうな砂浜、ぬるーい海水。
ほんとに真夏の海水浴日和だったんです。

海の家のふわふわかき氷の美味しかったこと!
e0103740_1047093.jpg








淡路島の周りの、
海岸線・海の部分に
青字で書いてあるところが
海水浴場。
ホントにたくさん
あります♪
[PR]
Commented by rh at 2010-08-09 12:55 x
素敵な夏休みだったようですね。
淡路島には10年ほど前に建築を見にたった一日だけ行きました。
何より泊まったホテルのベッドが最高に心地良くて忘れられません。(確か北の方の有名なホテルです)
こんなところで陶芸をしたら、また益子でやるのとは違う器が出来るのでしょうか。
前日のビゴのパンもふるいつきたくなるほど美味しそう!
宇都宮の中央警察署の並びにも、同じ名前の店がありますが、、
多分関係ないですね。でもパンは美味しいです。
淡路島上陸時の写真の美しさが神々しく、これを見るためだけでも行ってみたいです。
Commented by masiko-hashicco at 2010-08-10 09:49
rhさま
淡路に建築って、何を??
今回、炎天下の中、なんとか安藤忠雄設計の百段園を見に行ってきました。季節がよければホントに気持ちよかっただろうな、と思います、、
Commented by at 2010-08-10 14:24 x
同じく、安藤忠雄さん設計の本福寺でした。
着いたのが夕方だったので、夕陽が本堂に射し込んで
真っ赤に染まった堂内は、まるで極楽浄土のよう!でした。
ホテルはウェスティンホテルでした。
へヴンリーベッドと言うのが最高に気持ち良くて
持って帰りたいほどでしたよ。

あの時は前日まで熱が高く、やめようかなと思ったのですが、
薬で強引に下げ、一泊二日で神戸、淡路、そして翌日は大阪と
ものすごい強行軍でしたが、楽しかったです。
明石の蛸の美味しさは聞いていましたが、
ホテル付属の居酒屋?で食べて納得!!
野菜も魚も、、何を食べても美味しかったのでした。
素敵な故郷をお持ちでうらやましいです。
Commented by masiko-hashicco at 2010-08-10 22:41
rhさま
本福寺とは知りませんでした。
次回帰ったときの楽しみにしたいと思います。
ウェスティンホテルって10年前にはもうあったんですね!
日韓共催ワールドカップで、イングランドチームが淡路に滞在して、その時の宿泊場所がウェスティンでした。夫のいとこがその頃勤めていて、ベッカムと接触したと聞いて、うらやましがったものでした(笑)
Commented by rhodorite at 2010-08-11 08:29 x
確か、その直後に行ったのだと思います。
私はサッカーに全然興味が無かったので、「ベッカム?誰?」って感じで、みんなの盛り上がりが良くわかりませんでした.(^_^;)惜しい事をしたと思います。百段園はあのホテルのすぐ近くでしたね。なんか記憶が遠くなってしまって、、でも今度はゆっくり訪ねてみたいところです。今度行く時には、お勧めのお店とか教えていただきたいです。よろしく!(*^^)v
by masiko-hashicco | 2010-08-09 09:59 | 家族 | Comments(5)

作陶家・岡本芳久の妻のひとりごと 益子のはしっこの山の中から岡本家の日常をつづります。


by masiko-hashicco
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30